この星の格闘技を追いかける

【RFC22】王者アソルのヒジが炸裂、グァンヒの額を切り裂いて王座防衛

Kwon A-Sol vs Lee Kwang-Hee【写真】見事なまでもヒジ打ちを何度も決めたクォン・アソル。MMAでここまで綺麗にヒジを決める選手は他にいるだろうか(C)MMAPLANET

<RFCライト級選手権試合/5分3R&延長1R>
[王者]クォン・アソル(韓国)
Def.2-0※ドクターストップよりテクニカル判定2―0から大会終了後にTKOに改められた
[挑戦者]イ・グァンヒ(韓国)

アソルが左手を伸ばしてじりじりと前に出る。グァンヒは距離を取りながら左右のロー。アソルは右ストレートから左ミドルにつなげ、グァンヒもジャブ・左フックを返して右ロー、右フックで飛び込む。ジャブを突いて再び右フックを見せるグァンヒ。お互い右ストレートと左フックを相打ちすると、ここから両者が足を止めて激しく打ち合う。

この打ち合いの中でアソルが右ヒジをヒットさせ、グァンヒの額をざっくりと切り裂く。顔を血で真っ赤に染めながらも左右のフックを打ち返すグァンヒだったが、アソルが距離を取ったところでドクターチェックが入る。

グァンヒの止血が終わり、試合が再開されると、アソルがジャブから飛び込んで右ストレート。グァンヒも左フックと右ローを見せるが、アソルがそこに右ストレート・左フックを合わせる。試合が進むに連れて、グァンヒの傷から血が吹き出す。終盤、アソルが右ストレートから左ミドル、左フックを当てた。

2R、グァンヒがジャブから右フック。そのまま右を強振して前に出るが、アソルはバックステップから右ストレートを合わせ、続いて右アッパー・左フックをヒットさせる。しっかりと自分の距離をキープして右ストレートをヒットさせるアソル。グァンヒも退かずに右を返して打ち合う。

アソルは左の縦ヒジから右ストレート。グァンヒも果敢にパンチで飛び込んでいくが、アソルはジャブを当ててから右ストレート、距離が詰まると左の縦ヒジ→右のヒジと巧みなヒジのコンビネーションを見せる。これでグァンヒの出血がひどくなり、1Rに続いてドクターチェックが入る。

再開後、グァンヒが右ストレートで前に出ると、足を使うアソルを捕まえ切れない。アソルの打撃を受けていないにも関わらず、グァンヒの額からは大量の血が噴き出す。出血を気にして下がるグァンヒ。アソルはすかさず距離を詰めてパンチをまとめた。

2Rのインターバル中にグァンヒにドクターチェックが入り、インターバル後もチェックと止血が続く。しばらくして3Rのホーンが鳴らされるが、グァンヒの傷はかなり深く、すぐにグァンヒの顔は血で真っ赤で染まる。レフェリーがドクターチェックを要請すると、アソルは「なんで止めないんだ?」と首を傾げ、グァンヒはグァンヒでマットを叩いて声を荒げる。

結局、ここでグァンヒが試合続行不可能となり試合終了のホーン。アソルのヒジによるカット→TKO勝利かと思われたが、負傷判定という裁定が下されたか、場内には判定がコールされ、アソルが判定勝利という形で王座防衛に成功した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie