この星の格闘技を追いかける

【RFC22】オジンが打撃でも殴り勝ち、テイクダウンを重ねて判定勝利をもぎとる

Jeon Uh-Jin vs Park Jung-Kyo【写真】ファンが望むような開始直後からの打ち合いとはならなかったが、要所でド迫力の殴り合いをジョン・オジンが制した(C)MMAPLANET

<ミドル級/5分3R>
ジョン・オジン(韓国)
Def.3-0
パク・ジョンギョ(韓国)

サウスポーに構えるジョンギョがインロー。オーソドックスにスイッチして左フックから前に出ると、オジンもすぐにパンチを返す。サウスポーに構えを戻したジョンギョは左ミドルと前蹴り、身体を上下させてフェイントを入れる。ジョンギョが左ボディストレートで飛び込むと、オジンはすぐに左右のフックを返す。右ミドルを蹴るオジン、ジョンギョも左インローを蹴り返す。ここで手数が少ない両者にレフェリーが注意を与える。

再開後、オジンがワンツーからダブルレッグで組みつこうとするが、ジョンギョは突き離す。ジョンギョが左の飛びヒザ蹴りを見せると、オジンは左フックを返し、ワンツーから右ミドル・右ハイキックを蹴る。ジョンギョは距離を取りながら左ミドル。オジンは手を広げて「効いていないよ」とアピールしつつ、ダブルレッグでテイクダウンを奪い、インサイドガードから身体を起こしてパンチを連打。亀になるジョンギョを後方から殴りつつ、ジョンギョが立ち上がると、すぐさまテイクダウンを決めた。

2R、両足を小刻みにステップして左ミドル、カカト落とし、パンチを繰り出すジョンギョ。オジンも右ロングフックを強振し、ジョンギョが左ミドル2発から左のスーパーマンパンチをヒットさせる。さらにジョンギョは右フックからパンチで出ていくが、オジンも左右のフックを返して右ハイキック、ダブルレッグで組みつく。切ったジョンギョはすぐさまヒザ蹴り、距離を取るとジャブを伸ばして間合いを測る。

オジンも右フックで応戦。ケージ際での打ち合いではオジンの右→左フックがジョンギョの顔面を打ち抜き、オジンが左フックにつなげる。これが後頭部に当たり、ジョンギョにインターバルが与えられる。再開後、パンチで突進するジョンギョ。オジンがダブルレッグを合わせてテイクダウン。立ち上がろうとするジョンギョの後ろについてパンチを入れた。

3R、先にパンチでプレッシャーをかけるジョンギョ。オジンも左フックを返しつつ、シングルレッグから組みついてジョンギョをテイクダウンする。ハーフガードで上になったオジンは立ち上がろうとするジョンギョの動きに合わせてバックへ。ジョンギョが立ち上がってもすぐさまテイクダウンし、サイドポジションで抑え込む。ジョンギョもブリッジを使ってエスケープしようとするが、オジンはがっちりとジョンギョを抑え込む。

残り約1分30秒のところでブレイクとなり、すぐさまジョンギョが飛びヒザ蹴り。しかしこれは不発に終わり、逆にオジンにテイクダウンを奪われ、先ほどと同じようにオジンがジョギョンを抑え込む展開が続く。試合終了直前で再びブレイクとなり、ジョンギョがパンチで突進するが、逆にオジンの下がりながらの左フックがヒットする。パンチの打ち合いでも殴り勝ち、要所要所でテイクダウンを奪ったオジンが判定勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie