この星の格闘技を追いかける

【RFC22】田村、ヨンスンのサブミッションに苦しみ、最後はRNCで一本負け

Cho Young-Seung vs Issei Tamura【写真】左腕を外した直後に、右腕が深く喉に入り田村はタップ。試合後、引退することを明らかにした(C)MMAPLANET

<バンタム級/5分3R>
チョ・ヨンスン(韓国)
Def.2R3分57秒by RNC
田村一聖(日本)

左手を前に出して距離を取る田村。ヨンスンの右ローを受けて、すぐに右ストレートと左フックを返し、ダブルレッグでテイクダウンを奪う。ヨンスンはガードからオモプラッタを狙いつつ、田村のパスガードをディフェンスしながら三角絞めを狙う。三角絞めそのものは不完全なものの、ヨンスンは両足をクラッチして鉄槌を落とす。

これを外した田村はヨンスンの右足をまたいでハーフガードへ。ヨンスンは田村の左腕にアームロックを狙いつつ、ディープハーフからスイープを仕掛ける。田村もスクランブルの攻防でトップをキープするが、ガードに戻したヨンスンはすぐさま三角絞めやオモプラッタを狙う。田村はヨンスンのガードからのアタックをディフェンしつつ、じっくりとパスガードを仕掛け、ヨンスンはここでも三角絞めを狙う。ブレイク後、田村が左フックで飛び込んでダブルレッグへ。ヨンスンはそこにアームロックを合わせ、最後は田村の身体をひっくり返して上のポジションを取った。

2R、田村が右フック・ワンツーで突進。ダブルレッグでケージまで押し込み、リフトしてテイクダウンすると、ヨンスンはフロントチョークに捉えて後方へのスイープを狙う。バランスを取って上のポジションをキープする田村は、ハーフガードからヨンスンの上体を肩固めのように固めて絞め上げる。ヨンスンは田村に背中を見せるように回転して身体を起こし、田村がそれをがぶる。ここで両者の動きが止まり、ブレイクとなった。

再開後、田村がダブルレッグに入ると、ヨンスンはアームロックを狙いながら、田村の身体をまたぐようにバックへ。すぐさま田村の首に手を回してリアネイキッドチョークを狙う。田村も必死にヨンスンの腕を外してディフェンスするが、ヨンスンもしつこく両手を入れ替え、最後はパーム・トゥ・パームチョークの形で田村に一本勝ちした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie