この星の格闘技を追いかける

【KSW30】マンコフスキー、スタミナ切らすも序盤の勢いある攻撃で逃げ切る

<80キロ契約/5分3R>
ボリズ・マンコフスキー(ポーランド)
Def.3-0
モーセン・バハーリ(ノルウェイ)

頭を振って前に出るマンコフスキーが左フックから右ストレートを放つ。ケージを背負ったバハーリに組み付いてテイクダウンを狙うが、ここはスタンドをキープされる。マンコフスキーは左ミドルから右ロー、バハーリがヒザを返す。ワンツーからローと攻撃を上下に散らすマンコフスキーは組んで、バックから右フックを入れる。飛び込んで左フックから、すっと屈んでダブルレッグを決めたマンコフスキー。バハーリの蹴り上げを、手をマットにつけて打たせないよう細かい工夫を見せると、飛び込んで右のパウンド&鉄槌を落とす。バハーリはクローズドガードを取って、立ち上がる気配はない。立ち上がったバハーリを追いかけたマンコフスキーが、ケージに押しバハーリを押し込んだところで初回が終わった。

2R、ハイからローと蹴り技を繰り出すバハーリ。マンコフスキーが右フックを伸ばすが、バハーリもワンツーを打ち込む。パンチを変えて距離を取ったマンコフスキーは、続いて組んでシングルへ移行し、ケージに押し込んでからダブルでテイクダウンに成功する。パスに成功したマンコフスキー、バハーリは左腕を差し、殴られながらクローズドガードの態勢に。マンコフスキーは担ぎパスを狙う。背中を向けたバハーリは、背中を付けてガードへ。左を差して立ち上がる。マンコフスキーがスタミナをロスしたか、パンチが流れるようになってきた。

3R、バハーリの右ローをキャッチしたマンコフスキーだが、テイクダウには至らない。続く右アッパーで自ら姿勢を乱すなど、疲れが目立つマンコフスキー。シングルレッグでテイクダウンを奪うが、バハーリが即立ち上がる。それでも、ダブルレッグでもう一度テイクダウンを決めたマンコフスキーは、すぐに担ぎパスへ。亀になったバハーリはワキを差してスタンドへ。と、マンコフスキーがオーバーハンドからダブルでこのラウンドで早くも3度目となるテイクダウンに成功する。この局面ではリバーサルを許してしまったマンコフスキーだが、逆転されるような勢いのある攻撃は受けず、3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie