この星の格闘技を追いかける

【UFC154】復活GSPが王座統一、KO勝利のヘンドリッグスが挑戦熱望

2012年11月17日(土・現地時間)、カナダはケベック州モントリオールのベル・センターでは、「UFC154 St-Pierre vs Condit」が開催された。

今大会では、昨年4月に行われたジェイク・シールズとの防衛戦以来、約1年7カ月ぶりに、王者ジョルジュ・サンピエールがオクタゴンに登場。同12月、膝前十字靭帯を負傷したGSPが長期欠場を余儀なくされた間、暫定王者に就いたカーロス・コンディットと、UFC世界ウェルター級王座統一を懸けて戦った。

試合は序盤からテイクダウンを奪ったGSPが、ケガの影響を微塵にも感じさせない動きで、コンディットを圧倒していく。3Rには、コンディットが左ハイでGSPからダウンを奪い、パウンド&エルボーと攻め立てるも、すぐにダブルレッグを決めたGSPは、ダメージの回復に努めるかのように、ポジションをキープするなど、冷静な試合運びも相変わらず。そのまま5Rを戦い抜いた両者、判定の結果は、ジャッジ2人が50-45をつけるという裁定でGSPが王者統一を果たしている。

また、ウェルター級次期挑戦者選定マッチの一つといっていい、マーティン・カンプマンとジョニー・ヘンドリッグスがセミファイナルで激突した。試合は、左ハイを見せるカンプマンに対し、ヘンドリッグスが右フックから左ストレートを伸ばすと、この一発でカンプマンは後方に倒れて大の字に。僅か46秒、完勝したヘンドリッグスが、ジョシュ・コスチェックやジョン・フィッチを対戦相手に含む、UFC5連勝を挙げ、タイトル挑戦を熱望した。

その他、全試合結果は下記の通り。

第12試合 UFC世界ウェルター級王座統一戦/5分5R
[王者]
○ジョルジュ・サンピエール
(カナダ)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[暫定王者]
カーロス・コンディット×
(米国)
第11試合 ウェルター級/5分3R
○ジョニー・ヘンドリックス
(米国)
1R0分46秒
左ストレート
詳細はコチラ
マーティン・カンプマン×
(デンマーク)
第10試合 ミドル級/5分3R
○フランシス・カルモン
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
トム・ローラー×
(米国)
第9試合 ライト級/5分3R
○ハファエル・ドスアンジョス
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マーク・ボセック×
(カナダ)
第8試合 フェザー級/5分3R
○パブロ・ガーザ
(ブルガリア)
3R終了
判定
詳細はコチラ
マーク・ホーミニック×
(カナダ)
第7試合 ミドル級/5分3R
○パトリック・コーテ
(カナダ)
1R0分29秒
反則
詳細はコチラ
アレッシオ・サカラ×
(イタリア)
第6試合 ライトヘビー級/5分3R
○シリル・ディアバテ
(フランス)
1R2分24秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
チャド・グリッグス×
(米国)
第5試合 ライト級/5分3R
○ジョン・マクデッシ
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
サム・スタウト×
(カナダ)
第4試合 フェザー級/5分3R
○アントニオ・カルバーリョ
(カナダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ホドリゴ・ダム×
(ブラジル)
第3試合 ウェルター級/5分3R
○マチュー・リデル
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョン・マグワイア×
(英国)
第2試合 バンタム級/5分3R
○イヴァン・メンジバー
(カナダ)
1R2分44秒
腕十字
詳細はコチラ
アザマット・ガシモフ×
(米国)
第1試合 フェザー級/5分3R
○ダレン・エルキンス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
スティーブン・サイラー×
(米国)
PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie