この星の格闘技を追いかける

【UFN59】ヒザを受け続けたオコネル、左右のフックで逆転KO勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
ショーン・オコネル(米国)
Def.3R2分11秒by TKO
マット・ヴァン・ビューレン(米国)

いきなり右ストレートを伸ばしたビューレンがハイ、ミドルと蹴りから首相撲&ヒザをボディに突き上げる。身長&リーチの差を生かして攻めるビューレンをケージに押し込んだオコネルだが、テイクダウンは奪えない。離れたオコネルの前進にヒザを合わせたビューレンは、ヒザをボディに入れ続ける。ビューレンは離れては左ローから右ストレート、オコネルが組みつく。離れた距離で蹴りを中心に攻めるビューレンは、オコネルが組んでくるとヒザという戦いを続ける。ボディへのヒザで動きが止まるシーンもあったオコネルは、右ストレートも被弾するように。その後もボディにヒザを受けたオコネル、初回はビューレンのラウンドとなった。

2R、組んできたオコネルに対しビューレンは首相撲からヒザを連続で入れ、エルボーを放つ。フックを被弾したビューレンが離れ、右ストレート、前に出てくるところでまたもヒザを突き刺す。サウスポーにスイッチし、左ストレートをビューレンが伸ばすと、オコネルは右フックで前に。左ミドルで止めに掛かるビューレンが右ローに続ける。パンチの打ち合いでついに、オコネルが勢いのある右フックを入れる。

動きが止まり、サークリングでかわそうとするビューレンは、再びフックを被弾する。残り90秒、ケージに押し込まれたビューレンはここで息を整える。この後距離を取り直した両者。ヒザ、ミドルをボディに受けても、オコネルはひたすら前に出続けた。

最終回、ビューレンはヒザから左ジャブを見せる。ワンツーで前に出たビューレンは、再び左フックから返しの右フックを受けて後退。下がりながらヒザを見せるが、左フックを受けてついにダウン。起き上がってもパンチを連続で受けたビューレンは、ケージを背にした状態で左右のフックを被弾。ここでレフェリーが試合を止め、オコネルが逆転KO勝ち、「俺は勝つためにはパンチを被弾することなんて恐れない」と語った。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie