この星の格闘技を追いかける

【DEEP DREAM】吉田善行を相手にDEEPライト級王座防衛戦に臨む北岡悟<02>「分かることになる」

Satoru Kitaoka【写真】北岡の言葉に過剰な意思表示や自己顕示はない。強い自負と自らへの信頼感で成り立っている (C)MMAPLANET

31日(水)埼玉県さいたま市中央区さいたまスーパーアリーナで開催されるDREAM IMPACT2014~大晦日Special~。

いよいよ開催が迫ってきた日本MMA界の大勝負= DEEP DREAM 、MMAPLANETでは駆け込み企画として、同大会に出場する選手7名をピックアップしインタビューを行った。

メインで吉田善行を相手にDEEPライト級王座防衛戦を戦う北岡悟インタビュー。試合直前、話せないことも少なくない中で、エモーショナルな部分も垣間見ることができた。
<北岡悟インタビューPart.01はコチラから>

──そうですよね。なので、北岡選手の言葉から想像力を膨らませてほしい、そのための取材のようなもので。北岡選手は話せないことは話せないと言ってくれる。これは思っていないことを取材用に話すこともないということにもなります。そんななかで吉田選手のコーチである植松さんが、北岡選手の前回のパンクラスの試合では審判団の一人としてケージサイドにいたことは気になりますか。

「……。あんまり気にならないです。気にならないというか、僕のレベルじゃないと」

──それは吉田選手が、ですか。

「色々な意味で、ですね。レベルじゃないというか、僕の戦いを噛み砕けているとは思っていないです。レベルじゃないということではなくて、レベルを把握していない。植松さんは練習仲間というより先輩、先生の一人です。でも、青木真也と戦った時には、中井さんがセコンドにいましたし。そういうことは気にしないです。仕事というか、戦いですから。言ってみれば、皆、敵なので。僕は甘いところがあって、すぐに仲間というか、人のことを好きになってしまうことがあるんです」

──分かります。

「その分、敵視しないといけないと思っている自分がいます。だから、植松さん云々でなく、皆が色んなところで練習しているので、一緒に汗を掻いている人間が現実として敵になる世界です。まぁ、線引きはできているつもりですが、緩い。練習仲間でいえばOTOKOGI同士は試合をするのですか? あそこで練習している人が、ロータスにやってくることもあるし、別の場所で、別のチームとも練習している。もう今はそういうことじゃないですか」

──これは実名をだしていえば、MMALANETで取材をさせてもらった釜谷真選手はOTOKOGIで石渡選手と練習できることを凄く感謝していました。ただし、公言しているように彼は和田竜光選手と非常に仲が良い。その和田選手は石渡選手の盟友といえる神酒選手と、さいたまで試合をするわけです。

「気にして、練習に参加して良いかなど尋ねてくる選手はいますよ。まぁ、僕は良い練習ができれば良いっていうスタンスですね。そっちの方が大切」

──それは具体的に名前を出すと、どのような選手になるわけですか。

「それは言いたくないです(笑)」

──なるほど(笑)。逆に練習をすることで、所属ジムが違っていても試合はできないという選手も出てくるかもしれないですね。だから、UFCなんて日本人選手の海外稽古先も気にしています。みな、ジャクソンズやアルファメールになると困ると。

「まぁ、それも人それぞれということになると思います。同じジムなら戦う必要はないと思います。だったら、同じトーナメントには出るべきじゃないし。柔道やレスリングだって、試合をするかもしれない選手達が一緒に練習しているわけですからね」

──打撃がある競技で、それはどこまであるか──ですね。フルコンタクト空手などは、合宿がありますが。

「そうですね……」

──ところで、吉田選手の言動に対して、イライラしていることはないですか。

「それも言いたくないです。会見にTシャツで来る……、それも人それぞれですよ」

──では、ゴン格誌上で見られた『マイク・リッチの方が全然強い』という発言は?

「アレは完全に言わせていたじゃないですか(笑)。まぁ、これもSNSで言いましたけど、あの人がマイク・リッチに勝ったわけじゃないから。それを言い出すと、キリがなくなる。じゃあ、ジョシュ・コスチェックやアンソニー・ジョンソンと僕を比較するんですか?  僕は彼とウィル・ブルックスや青木と比較すれば良いのですか?  そんなことは言ってもしょうがない」

──自分と戦うことにしっかり集中しろよ、と。

「いやぁ、それはしているでしょう。気の緩みなんて……そんなものがあったら、とんでもないことになりますよ。でも、今の日本で考えられる最高の相手だし。力はある。だから……おかしなことを言うなと。究極的には舐めているんですかね。そういう風には伝わってきました。そういうつもりなら……」

──目にモノ見せるぞということでしょうか。

「目にモノ見せるというよりも、分かることになる。そう、分かることになると思います」

■DEEP DREAM IMPACT対戦カード

<DEEPライト級選手権試合/5分3R>
[王者] 北岡悟(日本)
[挑戦者] 吉田善行(日本)

<フェザー級/5分3R>
廣田瑞人(日本)
TBA

<DEEP×パンクラス対抗戦 バンタム級/5分3R>
大塚隆史(日本/DEEP)
石渡伸太郎(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 フェザー級/5分3R>
横田一則(日本/DEEP)
ISAO(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 バンタム級/5分3R>
北田俊亮(日本/DEEP)
中島太一(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 フライ級/5分3R>
柴田“MONKEY”有哉(日本/DEEP)
清水清隆(日本/パンクラス)

<DEEP×パンクラス対抗戦 ライト級/5分3R>
岸本泰昭(日本/DEEP)
高橋“Bancho”良明(日本/パンクラス)

<フライ級/5分3R>
和田竜光(日本)
神酒龍一(日本)

<フライ級/5分3R>
元谷友貴(日本)
マット・マンザナレス(米国)

<フェザー級/5分3R>
長倉立尚(日本)
ジョージ・ヒックマン(米国)

<フェザー級/5分3R>
加藤友弥(日本)
キル・ヨンボック(韓国)

<女子DEEPフェザー級(48キロ)/5分2R>
浜崎朱加(日本)
V.V Mei(日本)

<女子DEEPフライ級(45キロ)/5分2R>
しなしさとこ(日本)
濱田リカ(日本)

<女子DEEPライト級(52キロ)/5分2R>
藤野恵実(日本)
富松恵美(日本)

<女子DEEP 59キロ契約/5分2R>
杉山しずか(日本)
ライカ(日本)

<フライ級/5分3R>
前田吉朗(日本)
越智晴雄(日本)

<バンタム級/5分2R>
釜谷真(日本)
原田ヨシキ(日本)

<無差別級/5分2R>
藤沼弘秀(日本)
佐藤光留(日本)

■オープニングファイト

<フライ級/5分3R> 
小島壮太(日本)
小林聖人(日本)

<バンタム級/5分2R>
咲間“不良先輩”ヒロト(日本)
ROY(日本)  

<ウェルター級/5分2R>
秀虎(日本)
佐藤天(日本) 

<フライ級/5分2R>
加藤直之(日本)
堀内佑馬(日本)

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN