この星の格闘技を追いかける

【UFN58】ライト級ロシアン第3の男、マゴメドフが淡々&ラッシュでシウヴェリオを沈める

<ライト級/5分3R>
ラシッド・マゴメドフ(ロシア)
Def.3R4分57秒by TKO
エリアス・ジュジュ・シウヴェリオ(ブラジル)

左ミドルを入れたマゴメドフ、シウヴェリオは左ローから右ストレートを狙う。素早いシウヴェリオの右ローをチェックしたマゴメドフは軽く右ローで牽制し、距離を測る。シウヴェリオが右ハイ、マゴメドフは左ミドルから右フックを入れる。シウヴェリオの空振りに館内がわくが、精度が高いのはマゴメドフだ。ローを受け返すマゴメドフが、左のカウンターを入れる。左ハイ2発から右ローを蹴り込むマゴメドフ、さらに右フックを打ち込む。

シウヴェリオも左ローを返すが、足技の多さになかなか距離を詰めることができない。左ボディフックから右オーバーハンド気味のパンチを放つマゴメドフは、右フックから左ミドルのコンビネーションを見せる。続く左ミドルがやや効いたか、腹をかばうような構えになったシウヴェリオは残り10秒を切ってテイクダウンを奪われ、初回を失った。

2R、パンチの応酬に館内がわき、シウヴェリオが前に出る。右に続く左を放った際にシウヴェリオの指がマゴメドフの左目に入り、試合が中断する。ワンツーで距離を詰めたマゴメドフが右ストレートでシウヴェリオを下がらせ、前蹴りと左ハイを繰り出す。シウヴェリオの左フックに対し、マゴメドフは右のカウンター。しかし、直後の攻防でマゴメドフの蹴りが急所に入り試合が中断。再開後、ローの応酬からマゴメドフはワンツー&左ミドルをきれいにヒットさせる。同じコンビネーションを決めたマゴメドフは、右を伸ばすも空振りに。最後にシウヴェリオがスピニングバックキックを見せたが、ペースを握ることはできなかった。

最終回、開始早々にシウヴェリオの蹴りがマゴメドフの急所に入る。再開後、右フックをマゴメドフがテンプルに打ち込む。基本カウンター狙いのマゴメドフのペースで試合は進み、シウヴェリオは局面を打開できない。右ハイの空振りでバランスを崩したシウヴェリオが、起き上がってダブルレッグを狙うも距離が遠すぎる。残り2分となり、マゴメドフが組んで大内刈りを仕掛ける。ケージを背に耐えたシウヴェリオは、再び右クロスを被弾する。シウヴェリオの左ミドルに、左フックを合わせたマゴメドフがダウンを奪う。初めてリミットを外したようにラッシュを掛けたマゴメドフが、ケージ際に走って逃げるシウヴェリオを追いかけ右のパンチを入れたところでレフェリーが試合を止めた。

正確な打撃に、勝負どころのラッシュ。マゴメドフがUFC3連勝を飾り、カビブ・ヌルマゴメドフ、ルスタン・ハビロフに続く、ライト級ロシア第3の男に浮上した。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN