この星の格闘技を追いかける

【UFC153】フィッチがシウバに判定勝ち。新世代の台頭を食い止める

2012.10.14

<ウェルター級/5分3R>
ジョン・フィッチ(米国)
Def.判定3-0:30-27、29-28、29-28
エリック・シウバ(ブラジル)

手を広げ、スイッチを織り交ぜて小刻みなステップを踏むシウバ。フィッチはワンステップで踏み込むと、一気に組みついてバックへ。ケージにシウバを押しこんで、バックに回るという得意のパターンに持ち込んだフィッチは、立ち上がったシウバにおぶさったまま、後方からパンチを打ち込む。

足を下ろし、崩しでバックをキープするフィッチはスタンディング肩固めを見せるが、シウバはこれを振り払って距離を取り直す。前蹴りを2度見せ、右を打ち込んだシウバが距離を詰める。離れ際を逃さす、バックに回ろうとしたフィッチだが、シウバは胸を合せて逆にケージに押し込んでいく。

離れ際のエルボーは空振りしたシウバは、後回し蹴りを見せる。構わず組みついてダブルレッグからバックに回るフィッチはしっかりと腰をコントロールし、バックへ。両ヒザをついたシウバにパンチを落しながら、初回終了を迎えた。

2R、近距離で打撃の応酬になり、ダーティーボクシングで攻めるフィッチに、シウバのアッパーがヒット。ダメージをごまかすように組みついたフィッチのバックに回ったシウバが、鉄槌を落としていく。フィッチは立ち上がってケージ際まで移動すると、シウバは自ら距離を取る。

フィッチのパンチにヒザを返すシウバは、ヒザをボディに受けてケージに押し込まれる。シングルの態勢のフィッチにエルボーを落としたシウバ。頭を上げたフィッチが胸を合せて、バックに回ろうとするが、すっぽ抜けて逆にシウバがバックへ。

両足をフックして、リアネイキドチョークの態勢に入ったシウバは、腹這いに。クラッチを組み直したが、フィッチも手首を掴んでディフェンスする。襷掛けを続けるシウバに対し、胸を合せたフィッチが、右のパウンドから足はさばいて逆にバックに回る。

フィッチはチョークでなく、ワキをすくい腕十字へ。完全に腕が伸びたシウバだが、ケージを蹴ってヒジを抜くと、そこで2Rがタイムアップとなった。

最終回、すぐに右ストレートから組みついたフィッチは、バックから右のパウンドを連続で落とし、ハーフバックからリアネイキドチョークへ。体が伸びたシウバは、腕を一本通しながらも、マウントを奪われたような形へ。

再び腕十字を狙ったフィッチは、下に落とされそうになると組みついてダブルレッグへ。シウバはギロチンから引き込むが、首を抜いたシウバが再びバックへ。動きが鈍くなったシウバだが、バックを譲りながら立ち上がる。そのシウバの顔面にヒザを入れ、後方にテイクダウンしたフィッチのパウンドが止まらない。

ついにバックマウントで背中が伸びたシウバ、向きを変えてマウント状態になってもフィッチのパウンドは続く。パンチとエルボーを数えきれないほど落とすフィッチは、確実にアゴを打ち抜く。

最後の力を振り絞り、ケージを蹴ってマウントを逃れたシウバだが、フロントチョークを仕掛けられた状態でタイムアップを迎えた。シウバの持つ野生の強さを、圧倒する体力で上回ったフィッチが3-0で判定勝ち。新世代の台頭を食い止めた。

PR
PR

関連記事

Movie