この星の格闘技を追いかける

【TUF20】ペネがマルコスとのタフファイトをスプリットで勝ち残る

<女子ストロー級/5分3R>
ジェシカ・ペネ(米国)
Def.2-1:29-28,29-28,28-29
ランダ・マルコス(カナダ)

左ジャブを伸ばすペネ、右を入れたマルコスが組みつくが、投げてトップを奪取する。左を差してきたマルコスから、パスを奪ったペネがマウントへ。三角を狙うと、マルコスがトップを取り返し立ち上がる。再び首投げを決めたペナはハーフからマウントへ。マルコスは足を戻すが、ペネはトライアングルマウント狙いへ。ここも起き上がってトップを取ったマルコスが立ち上って、ローを蹴り込む。マルコスがガードに入ってくると、すかさず三角の態勢に入ったペネは、腕十字へ移行。さらにミッションコントロールへ。マルコスが腕を抜いて立ち上ると今度は草刈スイープを決めてトップに。ここで極めには至らなかったが、ペネが一方的に攻め続けた初回が終わった。

2R、ワンツーを伸ばすマルコス。スーパーマンパンチ、フック気味の右ストレート、そして右アッパーで前に出る。バランスを崩したペネに重いパウンドを入れてスタンドに戻ると、右主体のボクシングを続ける。ペネも打ち負けず、ローや右を放って前に出る。右フックから左右の連打で前進したマルコスが盛り返す。さらに右フックを続けるマルコス。ペネは右を入れるも、右フックを受けて体が固まる。ペネは左ミドル、続く右ローを掴まれ引き込むと、草刈スイープ。これを潰したマルコスがマウントへ。足を入れてシザースを狙ったペネは、結局ガードに収まる形でトップへ。ペネはハーフからトップを取り、ボディにパンチ、顔面に鉄槌からパウンドを連打、肩固狙いからパンチに切り替えたところでタイムアップとなった。

最終回、マルコスの2度目のスピニングバックフィストがペネの顔面を掠める。やや息が乱れているマルコスは、回転バック拳を繰り返すが、ペネが右をヒットさせる。ペネの左ストレートにマルコスは右アッパー。マルコスは続いて右ストレートを被弾するも、連打で前に出る。ペネは首相撲からボディにヒザ、左には右を合わされてしまう。しかし、残り2分40秒でペネはダブルレッグでテイクダウンに成功する。クローズドで固めるマルコスの腕十字を防ぐと、かついでバックへ。

ガードに戻そうとしたマルコスにパンチを入れ、バックを取るとRNCを仕掛ける。絞めを防ぐために背中をつけたマルコスは、もぐってスイープを狙う。ヒザを胸に置いてトップをキープしたペネは最後の三角ロックにも、マルコスを跨ぐ形で凌ぎ、試合が終わった。
テイクダウンから寝技はペネ、打撃はマルコスだった2&3R。ペネが1Rを取ったことは確かなので、この2つのラウンドをジャッジがどのように判断するか。結果、スプリットでペネがUFCデビュー戦で勝利し、ストロー級トップコンテンダーの地位を守った。

PR
PR

関連記事

Movie

大会予定(現地時間)

JBJJF ALL JAPAN