この星の格闘技を追いかける

【UFC Fuel05】シュトルーフが劣勢巻き返す。ネルソンは鮮烈デビュー

2012年9月29日(土・現地時間)、英国ノッティンガムのキャピタルFMアリーナでは、UFC Fuel05「Struve vs Miocic」が開催された。

大会名にある通り、メインイベントではヘビー級=ステファン・シュトルーフ×スタイプ・ミオシッチが激突。その他にも、ダン・ハーディ、ブラット・ピケット、ポール・サス、ジョン・ハザウェイら注目の英国勢に加え、ヘンゾ・グレイシーの黒帯柔術家で剛柔流空手の寵児=アイスランドのグンナー・ネルソンがUFCデビューを果たした。

そのメインでは、ミオシッチの勢いあるパンチに押され気味となったシュトルーフが、2Rに巻き返す。ミオシッチのテイクダウンをギロチンで迎え撃つと、スタンドに戻った後は、右アッパーからストレート、足を滑らしたミオシッチに思い切り右ストレートを放ち、アッパーを連打すると、見事なTKO勝ちでヘビー級トップ戦線入りを果たした。

また、セミファイナルに登場したハーディは、アミール・サダローから逆転の判定勝ち。ピケットは、ジャボウィンを相手に、1R3分過ぎ、豪快な右アッパーを叩き込み、失神KOへ。UFC3試合連続一本勝ちを誇る期待の新鋭サスは、マット・ワイマンからお株を奪われる腕十字で一本負けを喫したが、ハザウェイは危なげない試合運びでジョン・マグワイアとの英国人対決を制した。

さらに、ダマルケス・ジョンソンの体重超過で、175ポンド→183ポンド・キャッチウェイト戦へ変更になったネルソンは、ほぼ一階級重い試合となったが、独特な構え、蹴りからテイクダウン、ポジショニング、パウンド、リアネイキドチョークと流れるような動きでタップを奪い、鮮烈なUFCデビューを果たしている。

第11試合 ヘビー級/5分5R
○ステファン・シュトルーフ
(オランダ)
2R3分50秒
TKO
詳細はコチラ
スタイプ・ミオシッチ×
(米国)
第10試合 ウェルター級/5分3R
○ダン・ハーディ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
アミール・サダロー×
(米国)
第9試合 バンタム級/5分3R
○ブラット・ピケット
(英国)
1R3分40秒
KO
詳細はコチラ
イーブス・ジャボウィン×
(カナダ)
第8試合 ライト級/5分3R
○マット・ワイマン
(米国)
1R3分48秒
腕十字
詳細はコチラ
ポール・サス×
(英国)
第7試合 ウェルター級/5分3R
○ジョン・ハザウェイ
(英国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジョン・マグワイア×
(英国)
第6試合 ウェルター級/5分3R
○チェ・ミルズ
(英国)
1R2分28秒
TKO
詳細はコチラ
ドゥエイン・ラドウィック×
(米国)
第5試合 ライトヘビー級/5分3R
○ジミー・マヌワ
(英国)
2R終了
TKO
詳細はコチラ
カイル・キングスベリー×
(米国)
第4試合 フェザー級/5分3R
○アキラ・コラッサーニ
(スウェーデン)
3R終了
判定
詳細はコチラ
アンディ・オグル×
(英国)
第3試合 ミドル級/5分3R
○ブラッド・タバレス
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
トム・ワトソン×
(英国)
第2試合 183ポンド契約/5分3R
○グンナー・ネルソン
(アイスランド)
1R3分34秒
リアネイキドチョーク
詳細はコチラ
ダマルケス・ジョンソン×
(米国)
第1試合 フェザー級/5分3R
○ロビー・ぺラルタ
(米国)
1R0分23秒
TKO
詳細はコチラ
ジェイソン・ヤング×
(英国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday