この星の格闘技を追いかける

【UFC179】That’s アライアンスMMAスタイル。デイビスがテイシェイラのパンチを無力化、判定勝ち

<ライトヘビー級/5分3R>
フィル・デイビス(米国/6位)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
グローバー・テイシェイラ(ブラジル/4位)

デイビスのテイクダウン狙いをスプロールしたテイシェイラ、2度目の仕掛けもケージを背にして防ぐ。3度目はシングル、これも切ったテイシェイラが右を振るって前に出る。デイビスも独特のリズムで、右を繰り出し、テイシェイラの前進を組んで止める。距離を取った両者、デイビスは組みから左を伸ばし、右前蹴り、さらに右ストレートを打ち込む。デイビスのシングルにギロチン、スイッチと抵抗するテイシェイラが、再びギロチンへ。

テイシェイラは引き込むが、首を抜かれ背中を譲って後方からパンチを連続で打たれる。テイシェイラが立ち上がっても胸を合わせてケージを押し込むデイビスが、得意のレスリング&打撃で削っていく。バックからパンチを受け、テイシェイラは守り一辺倒のなか初回を戦い終えた。

2R、右前蹴り、左ジャブ、そして右ボディストレートを放つデイビス。自分の距離、タイミングで戦えないテイシェイラのパンチが大きくなると、デイビスが組みついてケージに押し込む。リバーサルで態勢を入れ替え、打撃の間合いになったテイシェイラは、またもテイクダウン狙いのデイビスに対し、ギロチンを仕掛けて失敗する。亀になり、右足を制され、動きを制されたテイシェイラ。パンチを受け、起き上がってもバックを許す展開が続く。

残り2分、テイシェイラは胸を合わせ距離を取ると、デイビスの指が目に入ったとアピールし試合が一時中断する。再開後、細かいパンチとステップを踏むデイビスに対し、テイシェイラは右ハイもこれは距離が合わない。ケージ際を回るデイビスに対し、パンチを振るって追いかけたテイシェイラは、体が伸びてしまい組まれてヒザをつく。デイビスのペースで2Rも終了した。

最終回、右から左フックを放ったテイシェイラ、デイビスは組んでドライブ。距離を取り直したデイビスは左フックにダブルレッグを合わせてテイクダウンを奪う。ザッツ・アライアンスMMAスタイルというべき試合展開で、マウントを奪ったデイビス。テイシェイラの動きに合わせてバックをコントロールし、反撃の芽を摘んでいく。後方からパンチを入れ、クォーターでしっかりテイシェイラを制し、試合は一方的な展開に。勢いのあるパンチを受け続け、動きが止まるテイシェイラ。立ち上がってもバックを取られ、胸を合わせたところでシングルを切るが、すぐにケージに押し込まれる。

残り80秒、間合いを取り直したデイビスにテイシェイラが右オーバーハンドを繰り出す。かなり疲れた様子のデイビスだが、それでも組んでバックに回る。引き続き、後方からのパンチを正確にアゴに打ち込むと、グラウンドに持ち込む。テイシェイラは両手を広げて、文字通りお手上げのアピールをすると、すぐにタイムアップに。デイビスがフルマークで完勝した。「多くのブラジリアンを倒した。でも、1人残っている。アンデウソン・シウバだ」と話し、大きなブーイングを受けた。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie