この星の格闘技を追いかける

【UFN53】凡戦は判定結果も『?』。ベントレッドがスプリット判定勝ち取る……

<ウェルター級/5分3R>
カホル・ペンドレッド(アイルランド)
Def.2-1:29-28、29-28、28-29、
ガサン・ウマラトフ(ロシア)

パンチを振るいながら組み付いたペンドレッド、倒せないとみると自ら距離を取り直す。大きな振りの右フックを振るったペンドレッドが再び組み付く。ここも自ら離れたペンドレッドだが、続いて右アッパーからダブルレッグを仕掛ける。ウマラトフは首を抱えてしまいついにテイクダウンを許す。腰をコントロールして、背中をつけさせようとしたペンドレッドだが、頭を押したウマラトフが立ち上がる。

ペンドレッドが左ハイから組みへ、ウマラトフがスプロール。ペンドレッドが右アッパーからまた組んでいくも、ここもテイクダウンには至らない。ウマラトフは後ろ回し蹴りを狙うも、これも距離が合わない。と、ペンドレッドのワンツーに右オーバーフックを入れたウマラトフがシングルからテイクダウンへ。ペンドレッドが尻餅をついた直後に立ち上がり初回が終わった。

2R、左を振るって前に出るウマラトフに対しペンドレッドが後ろ回し蹴りからロー、ショートアッパーを打ち込む。打撃からテイクダウン狙いを続けるペンドレッドだが、徐々にウマラトフのパンチの精度が上がってくる。左フックから右ストレート、さらに左を入れたウマラトフは、前に出てきたペンドレッドに右ストレートを打ち込みダウンを奪う。もんどりうって倒れたペンドレッドが、パンチを受けながら立ち上がると、ウマラトフはラッシュを掛けず、間合いを測る。

徹底してペンドレッドのテイクダウン狙いを切ってパンチを入れるウマラトフ。そのペンドレッドのテイクダウン狙いに左アッパーを打ち込む。続いて右アッパーを被弾したペンドレッドの打撃が荒くなる。ペンドレッドはアッパーからのダブルレッグも実を結ばず、2Rが終了した。

3R、ワンツーから右ローを入れたペンドレッド。ウマラトフはペンドレッドの前進にフックを合わせようとする。ペンドレッドの左フック、ローキックがウマラトフを捉える。ウマラトフは右ローを返し、後ろ回し蹴りへ。これは空振りとなったが、続く右オーバーハンドがペンドレッドの顔面を捉える。ペンドレッドは組み付き際に右フックを受けるも、右アッパーからワンツーを返す。下がりながら左右のフックを決めたウマラトフ。残り20秒を切ってもペンドレッドはテイクダウンを狙う。これをウマラトフが切ったところで、試合が終了した。両者決め手を欠いた一戦、ハッキリいうと凡戦はスプリットでペンドレッドがモノにしたが、観客はブーイングを送った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie