この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】HIROKO、デランダミーの打撃に心は折れずも判定負け

<女子フェザー級/5分3R>
ジャーメイン・デランダミー(オランダ)
Def.判定3-0:30-27, 30-27, 30-27
HIROKO(日本)

HIROKOは左に回りながら左ジャブを伸ばす。デランダミーは左から大きな右を振るっていくが、左ジャブを2発ヒットさせたHIROKOは引き続きジャブを見せる。リーチでは負けないHIROKOだが、パワーではデランダミー。空振りに客席がどよめく。あの空振りを見て、HIROKOは前に出ることができるか。

デランダミーが右をヒットさせたあとでも、HIROKOはジャンピングニーを狙っていく。パンチを受けながらも組みついたHIROKOはケージにドライブするが、態勢を入れ替えられる。再びケージにデランダミーを詰めるHIROKOは、ヒザを腿に入れるもブレイクを命じられる。残り10秒、デランダミーは届かない距離だが、2度ハイを見せて印象点を重ねた。

2R、デランダミーが右のクロスを放ちプレッシャーを掛けてから、右ハイ。HIROKOは左ローを返すと、デランダミーも同じ攻撃を見せる。デランダミーの左に右を合せようとしたHIROKOだが、踏み込みはやや甘いか。デランダミーが前に出たところでHIROKOは再び組みつくも、顔面に細かいパンチを受け、肩の高さで頭をつけていく。ハイクロッチに移行したHIROKOがテイクダウンを狙うが、デランダミーは反対側のケージまで移動し耐え切る。

残り90秒でレフェリーが再びブレイクを命じ、スタンド戦へ戻るとデランダミーの右がHIROKOにヒットする。ジャブから大きなパンチを見せ体が流れたデランダミーは、このタイミングで組みつきたいが、ステップバックをしているので距離を詰めることはできない。デランダミーの勢いが強くなっていくなか、HIROKOは動きを止めるシーンもあり劣勢のまま試合は最終ラウンドへ。

HIROKOはパンチを受けてなお、左フックから組みつくがデランダミーは距離を取り直しパンチを振り回してくる。HIROKOのローにも前足重心の構えが変わらず、ジャブから大きな右を狙うデランダミー。スーパーマンパンチから距離を詰めたHIROKOは、ここでもパンチを受けながら組みつきダブルレッグへ。背中に体重を預けたデランダミーをテイクダウンできないHIROKO、ヒザ蹴りがデランダミーの急所に入る。

再開後、パンチを振るいながら前に出るHIROKOをパンチで待ち受ける。直後に組みついたHIROKOをデランダミーが投げようとし、姿勢が崩れてケージへ。テイクダウンをしても勝ち目はないHIROKOは、残り90秒、KOが必要だ。それが分かって、フックを振るうHIROKOは、相手の庭で意地を見せる。

デランダミーもしっかりとワンツーを入れ、HIROKOの前進を許さない。さらに右ハイを見せたデランダミーに対し、HIROKOは左フックを振るう。HIROKOのパンチにテンカオ、さらに前蹴りを入れたデランダミーが、ピンチらしいピンチのないまま試合終了を迎えた。

ジャッジの裁定は予想通り、デランダミーのフルマーク判定勝ちとなった。テイクダウンから勝利に……という自分の試合ができなかったHIROKOだったが、相手が得意とする打撃戦に応じるなど試合を諦めない姿勢を見せ続けてくれた。

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Brave x Grachan

Gokikai Karate

ONEday