この星の格闘技を追いかける

ヘビー級GPはコーミエー制覇、熱闘王座戦はメレンデスに軍配上がる!!

2012年5月19日(金・現地時間)、米国カリフォルニア州サンノゼのhpパビリオンでは、Strikeforce「Barnett vs Cormier」が開催され、ストライクフォース・ヘビー級GP決勝=ダニエル・コーミエー×ジョシュ・バーネット戦や、同世界ライト級王座戦=ギルバート・メレンデス×ジョシュ・トムソンの一戦などが行われた。

昨年2月、エメリヤーエンコ・ヒョードル敗戦という衝撃的な結末で幕を開けた同トーナメントは、ズッファによるストライクフォース買収劇や、同世界ヘビー級王者アリスター・オーフレイムの離脱など紆余曲折を経た末、昨年9月の準決勝で、それぞれセルゲイ・ハリトーノフ、アントニオ・ペイザォン・シウバを下して決勝へと駒を進めたジョシュと、代役出場のコーミエーが対峙する格好となった。

約1年3ヶ月を要したトーナメント決勝――、その試合は初回から打撃とテイクダウンで優勢に試合を進めたコーミエーが、ジャッジが3-0(50-45、50-45、49-46)を付ける判定勝ち。敗れたジョシュは、1Rに左の拳を骨折したことを明かしたが、ヘビー級に33歳ながら新たなライジングスターが誕生するフィナーレとなった。

また、三度目の対戦となったメレンデスとトムソンは、5Rを駆け抜けるような熱戦を展開。終盤2Rはトムソンが取ったと思われる世界戦だが、開始からペースを掌握したメレンデスがスプリットの判定で接戦をものに。その他にも、同大会では、ハファエル・フェイジャォンがマイク・カイルを33秒ギロチンチョークで破り、JZ・カバウカンチはアイザック・ヴァリフラッグに判定で敗れている。

ヘビー級GP開幕戦=Strikeforce Fedor vs Silva – 2011年2月12日(土・現地時間)
Zuffa、Strikeforceの買収を正式発表 – 2011年3月14日(月・現地時間)
ヘビー級ワールドGP準々決勝=Strikeforce Overeem vs Werdum – 2011年6月18日(土・現地時間)
ヘビー級GP準決勝:Strikeforce World Grand Prix – 2011年9月10日(土・現地時間)

ヘビー級GP決勝/5分5R
○ダニエル・コーミエー
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
ジョシュ・バーネット×
(米国)
ストライクフォース世界ライト級選手権試合/5分5R
[王者]
○ギルバート・メレンデス
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
[挑戦者]
ジョシュ・トムソン×
(米国)
ライトヘビー級/5分3R
○ハファエル・フェイジャォン
(ブラジル)
1R0分33秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
マイク・カイル×
(米国)
ウェルター級/5分3R
○クリス・スパン
(スウェーデン)
1R1分35秒
TKO
詳細はコチラ
ナフション・バレル×
(米国)
ライト級/5分3R
○アイザック・ヴァリフラッグ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
JZ・カバウカンチ×
(ブラジル)
ライトヘビー級/5分3R
○グト・イノセンチ
(ブラジル)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ヴァージル・ズイッカー×
(米国)
ライトヘビー級/5分3R
○ジャン・ヴィランテ
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
デリック・メムメン×
(米国)
ウェルター級/5分3R
○クィン・モルハーン
(米国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ユーリ・ビルフォート×
(ブラジル)
PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF