この星の格闘技を追いかける

【Superior C】ウェルター級王者アカーシオ、防衛成功

2011.05.01

<SCウェルター級選手権試合/5分3R>
[王者]ダニエル・アカーシオ(ブラジル)
Def.判定3-0
[挑戦者]ディエゴ・ゴンザレス(スウェーデン)

地元でPRIDE武士道時代から活躍を続けるアカーシオに挑戦したゴンザレス。初回はスタンドの攻防で、アカーシオの細かいパンチがゴンザレスの顔面にヒットし、優勢に試合を進めた。2Rに入ると、打撃戦を嫌がったゴンザレスが幾度となくテイクダウンを仕掛けるも、これをアカーシオを防ぎ続け、その間もパンチをヒットさせていく。勢いを増すパンチ攻撃で顔を真っ赤に染め、距離感が掴めないまま追撃を受けるゴンザレスに対し、ここでアカーシオがテイクダウンに成功する。

と、トップキープでなく足関節を仕掛けたアカーシオ。懸命に足を引抜いたゴンザレスだが、アカーシオはトップをキープし、攻勢の2Rを戦い終えた。最終回、パンチを振るっても空振りが続くゴンザレスの流血がいよいよ激しくなる。


ヘッドスリップを多用し、そのゴンザレスの攻撃を受けないアカーシオは、逆に右ロー、左ジャブ、そしてボディフックと上下左右に打撃を散らして、そのままゴンザレスを完封。アカーシオが文句なしの判定勝ちを収めると、ケージにはパピ・アベディが姿を現わし、次期挑戦者であることが確認された。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN