この星の格闘技を追いかける

【UFC VERSUS】水垣偉弥、負けられないUFCデビュー戦

2011.01.08

6日(木・現地時間)、ズッファより3月3日(木・同)にケンタッキー州ルイビルのKFCヤム!・センターで、UFC ON VERSUS「Sanchez vs Kampmann」が開催されることが正式発表された。

昨年からUFC中継を行うようになったVERSUSは、WEC併合により今年は6度のLive中継が行われる予定だが、その第一弾はUFC初進出となるケンタッキー州でのイベントとなった。

ディエゴ・サンチェス×マーティン・カンプマンのウェルター級戦をメインイベントに、CB・ダラウェー×マーク・ムニョスのミドル級戦などがメインカードで組まれた同大会は、昨年10月にこけら落としされたばかりのケンタッキーフライドチキン・ヤム!センターで開催される。


初物ということもあり、キャパシティ2万2000の巨大アリーナへ強気の進出を果たす同イベントには、プレリミナリーマッチに日本から水垣偉弥が出場することも正式に決まっている。

11月にユライア・フェイバーに敗れたものの、UFC移籍を果たすことができた水垣。ただし、日本から同階級に山本“KID”徳郁というスーパースターがオクタゴンに合流したため、絶対に連敗は許されない。

シビアな印象が強いズッファの契約だが、ビッグファイトの貯金も効く面があり、ミゲール・トーレスとの死闘、ユライアに打ち負けない水垣は、日本よりも米国での評価が高いといえる。フランシスコ・リベイラに敗れた場合は貯金も借金に変わってしまうだけに、ここはUFC継続参戦を賭けた負けられない一戦となる。

メインのウェルター級戦はライト級王座挑戦失敗後、ウェルター級復帰でジョン・ハザウェイにまさかの敗戦を喫し、10月にパウロ・チアゴを相手に復活勝利を挙げたディエゴと、鳴り物入りでUFC進出を果たしたジェイク・シールズをあわやというところまで追い込み、判定負けながらジャッジへの批判の声が多く挙がったカンプマン。TUFシーズン1ウィナーで、5年以上に渡り不動の人気を誇るディエゴだが、勢いはカンプマンにあるといっても過言でない一戦だ。

攻め続けるのが信条のディエゴが、ジャクソンMMA復帰を果たし、相手のペースになった場合にどこまで粘りを見せることができるか。あるいは自分のペースで押し切る戦術を与えられるか。一方のカンプマンは、ディエゴほどアグレッシブではないが、攻めに回っても受けに回っても穴の少ないトータルファイターだ。

ただし、真っ向からやりあった場合に打撃を被弾し思わぬ敗北を喫することもあるだけに、間合いの外し合い、奪い合いが勝負の鍵を握る。

■UFC ON VERSUS対戦予定カード

<ウェルター級/5分3R>
ディエゴ・サンチェス(米国)
マーティン・カンプマン(デンマーク)

<ミドル級/5分3R>
CB・ダラウェー(米国)
マーク・ムニョス(米国)

<ミドル級/5分3R>
マイケル・ファルカォン(ブラジル)
アレッシオ・サカラ(イタリア)

<バンタム級/5分3R>
ブライアン・ボーウェルズ(米国)
ダマッシオ・ペイジ(米国)

<ライト級/5分3R>
チアゴ・タバレス(ブラジル)
シェーン・ローラー(米国)

<バンタム級/5分3R>
水垣偉弥(日本)
フランシスコ・リベイラ(米国)

<WECファイナル!!>
2010年12月16日の「WEC53」イベントを最後に、UFC統合が決まっている軽量級最高峰のMMAイベント=WEC。貴重なWECグッズ&ベストDVDは残りわずか!購入はお早めに!!

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie