この星の格闘技を追いかける

【Legacy FC30】女子ボクシング最強ホルムがタイトル戦に

Holy Holm

【写真】この左ハイに入る前のステップの踏み方が、また素晴らしいホーリー・ホルム (C)KEITH MILLS

4日(金・現地時間)、ニューメキシコ州アルバカーキのルート66カジノでLegacy Fighting Championship30が開催される。メインは注目の女子MMAファイター、ホーリー・ホルムが出場し、ジュリアナ・ヴェルネルと女子バンタム級王座を賭けて対戦する。

ジャクソンズMMA、グレッグ・ジャクソンの片腕マイケル・ウィンクルジョンに6歳の時から打撃の手ほどきを受けてきたホルムは、MMA戦績6戦6勝の32歳のファイターだ。いや、彼女の肩書に触れるなら32歳のMMAに転向した女子ボクシング界パウンド・フォー・パウンドと紹介する方が相応しいかもしれない。

アマキックで6連勝後、プロで1試合を経験したホルムは女子ボクシングに転向し、輝かし過ぎる実績を残している。レコードは38戦33勝2敗3分、獲得した世界王座はWBF女子世界ライト・ウェルター級&ウェルター級、WBANではジュニア・ウェルター級からウェルター級、ジュニア・ミドル級と3階級制覇、WBCでも女子ウェルター級王者、WIBA、IFBAでもそれぞれ2階級で世界のベルトを巻いている。さらにWBA女子世界ウェルター級王者、IBAではウェルター級とライト・ウェルター級で世界の頂点に立っており、実に13もの世界のベルトを獲得している。

キックも戦績3連勝で、MMAではサウスポーの構えから素早い左ハイ、右サイドキックなどを織り交ぜて戦っている。課題はもちろん、グラップリングにあるが、UFCやInvicta FCで戦っていないファイターには、ホルムを組み伏せることができる力の持ち主は、ほぼ見当たらない。とにかく素早いジャブ、ストレート、破壊力のあるボディショットとボクシングで全面的な強さを見せるホルムは、同時に蹴りで距離を計り、ダメージを与えることもできる。とにかく相手の攻撃を受けない抜群の距離感が、蹴りのフィニッシュを可能にしている。

UFCとも交渉中で、柔道五輪メダリスト=ロンダ・ラウジーに対し、ボクシング世界13冠王という第2のバックグランドが違うスーパー・アスリート対戦が行われるもの時間の問題という見方もある。そんなホルムと対戦するヴェルネルはキャリア7勝3敗、キックがベースのブラジリアンだ。ホルムにとって怖い相手は、テイクダウンだけでなくそこから抑えることができるグラップラー。真逆のストライカーのヴェルネルとの対戦は、ベルトこそ賭けられているものの、シャーク×ゴールドフィッシュ的なカードといえる。

■Legacy FC30主な対戦カード

<Legacy FC女子バンタム級王座決定戦/5分5R>
ホーリー・ホルム(米国)
ジュリアナ・ヴェルネル(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
フラービオ・アルヴァロ(ブラジル)
ドナルド・サンチェス(米国)

<フライ級/5分3R>
レイ・ボーグ(米国)
ニック・ウルソ(米国)

<バンタム級/5分3R>
エンリケ・ブリオネス(メキシコ)
エイドリアン・クルーズ(米国)

<ウェルター級/5分3R>
クリント・ロバーツ(米国)
マルチン・サノ(米国)

<ライト級/5分3R>
レニー・ロバト(米国)
カマルディーン・ウスマン(米国)

<フェザー級/5分3R>
ダニエル・ハウステン(米国)
ジェロッド・スプーン(米国)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gokikai Karate