この星の格闘技を追いかける

【UFC171】ジュリーがサンチェスを完封。打撃&TDで上回る

<ライト級/5分3R>
マイルズ・ジュリー(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 29-28
ディエゴ・サンチェス(米国/15位)

サウスポーで小さく構えるディエゴに対し、ジュリーは左ジャブを伸ばす。後ろ回し蹴りの直後に右ストレートを受け、腰が落ちたディエゴは右ハイをブロックして、「来い、来い」とアピール。左に回りながら、右ハイでディエゴの動きけん制するジュリーだが、ディエゴは構わずフックを振りながら前に出てくる。ジュリーをケージに押し込んだディエゴは、太腿にヒザを入れていく。回って間合いを取り直したジュリーの右ミドルに、ディエゴが右フックを合わせる。

ディエゴの左ミドルをキャッチし、ジュリーはタイナーのような動きを見せる、ディエゴの突進をサークリングで避けるジュリー。ディエゴはひたすら突進する。ジュリーはその前進に右ストレートを入れ、右ハイへ。さらに右フックをディエゴに打ち込む。と、残り30秒でテイクダウンに成功し、ディエゴの足関節を逃れバックへ。初回はジュリーのラウンドとなった。

2R、左ジャブを伸ばすジュリー。ディエゴは左フックを蹴り込み、フックを連打で振るうが、目の前からジュリーはいなくなる。と、右を受けたディエゴが前方に崩れ落ちそうになる。左目の下をカットしたディエゴだが、ここで右をヒットさせる。打たれて前に出るディエゴの真骨頂、ジュリーは右ハイで牽制するも、ディエゴの動きは止まらない。ジュリーの右アッパーにも止まらないディエゴは、右をヒットしたところでダブルレッグを合わされる。

ギロチンを仕掛けるも、ヒジの位置が高くジュリーは親指を立てて、大丈夫だとアピールする。頭を抜いたジュリーが、エルボーから立ち上がるディエゴの背中から殴りつける。顔面を真っ赤に染めたディエゴは左ハイを見せるも、このラウンドも右ストレートで腰が落ちており、ポイントを失ったと見るのが妥当だ。

ショートのパンチを連打し距離を詰めるディエゴ、ジュリーは右に回って間合いを外す。後足を動かしてステップできるジュリーを、ディエゴは捉えることができない。ディエゴは左ボディストレートをヒットさせ、右ミドルにつなげる。これをどのように顔面への攻撃に繋げるのか。残り2分、オクタゴン中央で組み合った両者。ジュリーがケージに押し込むも、ディエゴが回り込んで距離を取り直す。と、残り1分で、ジュリーは右を打ち込んでからテイクダウンを決める。蹴り上げを避け、インサイドに入ったジュリーはディエゴの腕十字をかわし、起き上がったディエゴをケージに押し込む。最後にギロチンから引き込んだディエゴだが、すぐに試合はタイムアップに。結果的に打撃でもテイクダウンでも上回ったジュリーが、ディエゴを完封し3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie