この星の格闘技を追いかける

【UFC170】マクドナルドがマイアに逆転勝利。王座挑戦も視野に

<ウェルター級/5分3R>
ローリー・マクドナルド(カナダ/4位)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
デミアン・マイア(ブラジル/6位)

左を振ってテイクダウンを狙ったマイア。マクドナルドは、迎えうって打撃を狙うが2度目のシングルでテイクダウンを許す。バタフライフックのマクドナルドのヒザを畳んでパスを狙うマイアは、腰を切りながら左のパンチを落す。さらにエルボーを狙うマイアは、潜られそうになってもエルボーを落して、ヒザを越してマウントへ。

右のパンチを落とし、腰を押されてもしっかりとマウントをキープするマイアは、左エルボーを放つ。上体を起こそうとして潰されたマクドナルドは、腰を押してブリッジ、足を戻すもマイアはトップをキープして、ハーフからエルボーを落す。残り1分30秒、バタフライガードに戻したマクドナルトだが、マイアはパスのプレッシャーをかけ続ける。オモプラッタ狙いから立ち上がったマクドナルド、マイアがローでバランスを崩す。

打撃戦でもワンツーを入れたマイア、マクドナルドはサークリングを使わず前に出て前蹴りを見せるも、空振りに。グラウンドでマクドナルドを圧倒したマイアが、まずは初回を取った。2R、マイアの打撃戦に右のカウンターを入れたマクドナルド、動きが落ちたマイアのテイクダウン狙いを切り、ハイキックを続ける。シングルが決らなくなったマイア、マクドナルドは前に出てパンチを入れる。

マイアは右ミドルを受けると、テイクダウンを切られ正座状態になる。完全に動きが落ちたマイア。マクドナルドはワンツーから、左ジャブで慎重に戦う。そのジャブで腰が崩れそうになるマイアは、テイクダウン狙いに蹴りが出てきて踏み込めない。ブロックの上からハイを連続で放ち、マイアを休ませないマクドナルド。マイアの左には、しっかりとバックステップで距離を取る。頭を下げて左を伸ばすが、届かないマイア。ローでバランスを崩しそうになる場面も。

マクドナルドはここでジャブで削りに掛かる。右ミドルから右ハイ、マイアは蹴り足を掴み切れない。虫の息のように見えるマイアをジャブと前蹴りで突き放し、右ミドルを入れたマクドナルド、仕留めず確実にラウンドを取り返した。3R、ここでも左ジャブでマイアを突き放し、右ミドルで攻めるマクドナルド。ジャブから右を見せるようになり、テイクダウンを切ってアッパーを入れる。

完全に失速したマイアは、手詰まりの状態でミドルを被弾する。それでもシングルでマクドナルドを取られたマイアが、ダブルに移行し抱え上げてテイクダウンを奪う。トップを維持したいマイア。マクドナルドはバタフライガードからしがみついてブレイク待ちか。顔面を真っ赤に染めたマイアは、リフトスイープで体が浮き、マクドナルドをスタンドに逃してしまう。

テイクダウンを切られ続けるマイア、マクドナルドは前蹴りから右回り、テイクダウン狙いを切ってアッパーを狙うがこれは空振りに。残り1分を切っても、ソリッドなパンチ攻撃に徹していたマクドナルドは、最後にようやくラッシュをかけ、マイアのテイクダウンを潰して3Rを戦い切った。結果、2Rと3Rを取ったマクドナルドが判定勝ちし、「アニマルが戻った。タイトル挑戦の準備はできている」と語った。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY