この星の格闘技を追いかける

【UFC169】リーチ差で苦しめ、マグニーがきっちり判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
ニール・マグニー(米国)
Def.3-0: 29-28, 30-27, 30-27
ガサン・ウマラトフ(ロシア)

左ローから左ジャブを伸ばすマグニー。さらに左ジャブから右ストレートを続ける。ウマラトフは左肩で顔面を守る構えから、ボディフックを見せるが、マグニーのヒザを受けて下がる。左ジャブから接近してボディへのヒザを繰り出すマグニーに対し、ウマラトフはダブルレッグで豪快にテイクダウンを奪う。ハーフから潜る気配は見せたマグニーが、尻をずらして蹴り上げから立ち上がる。直後に組みついたマグニーだが、ウマラトフが体を入れ替え距離を取り直す。

マグニーはスイッチし左ストレートから右を伸ばしていく。続くマグニーのローに右フックを合わせたウマラトフは、ケージ際での左フックをよけられ組みつかれる。背中越しにウマラトフの手首をコントロールしたマグニーが崩しから、バックマウントを取ったところで初回が終了した。

2R、初回同様にマグニーのローにロシアンフックのような右を合わせたウマラトフ。ケージ際の攻防を経て距離を取ると、再び左ジャブでマグニーが間合いをコントロールする。ウマラトフは左フックを打ち込み、ここから圧力を増すとマグニーは組みついてバックに回る。ウマラトフは胸を合せ、マグニーが距離を取る。左フックから右を打ち込み組みついたウマラトフだが、体を入れ替えられ強引な投げを打つ。マグニーがこれを潰してバックマウントを取り、パンチを連打した。

3R、マグニーの左ジャブから右ストレートに対し、頭を振りながら前に出るウマラトフ。マグニーは間合いを外し、左ジャブを受け止める。守勢に回らないよう自らの手を出すマグニーだが、後がないウマラトフの圧力が上回る。テイクダウン狙いからバックに回ったウマラトフ。マグニーは正対して距離を取る。右ミドルが交錯した直後、残り70秒になって蹴り足をキャッチしてテイクダウンに成功したウマラトフは、寝技の展開を嫌がり立ち上がるが、すぐにテイクダウンを狙いにいくチグハグな攻撃を見せる。これを切って逆にテイクダウンを仕掛けたマグニー、ケージ際の攻防が試合終了間際まで続く。残り10秒を切って距離を取ったウマラトフは、豪快な後ろ回し蹴りを見せるも届かずマグニーが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY