この星の格闘技を追いかける

【Grandslam07】工藤が打撃とトップコントロールで鈴木の柔術を許さず3連勝

<フェザー級/5分3R>
工藤諒司(日本)
Def.3-0:30-27.30-27.30-37
鈴木琢仁(日本)

左の蹴りを繰り出す鈴木に、右ストレートを伸ばす工藤。鈴木もワンツーを入れ、工藤のテイクダウンにギロチンを合わせて引き込む。工藤が頭を抜くと、鈴木は三角クラッチへ。時間を掛けて組みを解いた工藤が立ち上がる。蹴り上げからスタンドに戻った鈴木に対し、右をヒットさせるなど、打撃戦を仕掛けた鈴木に対し優位に立つ。鈴木はテイクダウン狙いからガードへ。

ハーフの鈴木は右腕を差すが、工藤のオーバーハンドによって、シングルやテイクバックをできずに引き込む。ハイガードの鈴木に、勢いのあるパウンドを落とした工藤がトップをキープし初回を取った。

2R、鈴井がワンツー、工藤は打ち終わりに左フック、打ち下すような右を狙う。組んでヒザを入れた工藤に、鈴木が右を当て組んでクローズドを取る。三角狙いの鈴木だが、工藤は手首を掴ませない。腰を切ってハイガードの鈴木、工藤はスタンドに戻り右をヒットさせた。

距離が近づくと引き込んだ鈴木は足を取って、潜りへ。外掛けのヒールから、上を取ろうとした鈴木に対し、工藤はこれを許さずトップをキープし、パウンドを落としてラウンドを締めた。

最終回、工藤が左フックをヒットさせ、組んで小外刈りでテイクダウンも寝技には移行しない。立ち上がった鈴木に左ボディストレートを入れた工藤は、右ローも蹴っていく。左フックを被弾した鈴木は、スタンド勝負に賭けたか。右に回って間合いを外した工藤が、左リードフックで試合を支配する。

右オーバーハンド、左フック、さらに右ストレートを打ち込んだ工藤は、引き込んだ鈴木にパウンドを落とす。鈴木はハーフ&アンダーフックからシッティングも、ここから立ち上がることができず鈴木が潰していく。十字からオモプラッタを狙った鈴木だが工藤はヒジを引き寄せ、腰を上げてガードに専念し試合終了となった。

結果、工藤は鈴木の柔術を許さず3-0の判定勝ちでデビューからの練習を3とした。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie