この星の格闘技を追いかける

【RFC12】打ち合いからTD制したチョ・ビョンオクが補欠選勝利

Jo Byeong Ok vs Song Chang Hyun

【写真】粗い打撃戦にテイクダウンを交え、補欠選を勝ち抜いたのはチョ・ビョンオク(左)(C)MMAPLANET

<RFCフェザー級王座決定T補欠戦/5分2R>
チョ・ビョンオク(韓国)
Def.3-0
ソン・チャンヒョン(韓国)

サウスポー同士の一戦。右を伸ばすチョ・ビョンオク、右ミドルから右フックを返すソン・チャンヒョンに左フックを打ち込む。ソン・チャンヒョンがダブルレッグで尻餅をつかせるも、チョ・ビョンオクはすぐに立ち上がる。ソン・チャンヒョンが前に出るところに、チョ・ビョンオクがカウンターからワンツーを決め、攻勢に出る。ソン・チャンヒョンのテイクダウン狙いを切ったチョ・ビョンオク、ケージに詰めてフックの連打に出る。ソン・チャンヒョンも負けじと打ち返すが、両者とも頭を下げて打ち合う展開に。

ケージ際で組んだチョ・ビョンオクだが、ヒザを受けてボディを返す。ここでブレイクが命じられ、試合はケージ中央で再開。ソン・チャンヒョンが左ストレートを振るいながら前に出る。残り1分を切り、チョ・ビョンオクが右ストレートから左フックを打ち込み、テイクダウンにも成功する。肩固めこそ仕掛けそこなったチョ・ビョンオクだが、そのままトップをキープして初回を戦い終った。

ガード無視の打ち合いはチョ・ビョンオク優位で進んだものの、大きく左目の周囲を腫らしており、ソン・チャンヒョンにも逆転のチャンスはある2R。そのソン・チャンヒョンの左ローが小気味良くきまる。チョ・ビョンオクは左ストレートから右を続けると、ソン・チャンヒョンのパンチは初回同様に、頭を下げてフック一辺倒になってしまう。ここでソン・チャンヒョンはダブルレッグからテイクダウンを狙うも、立ち上がったチョ・ビョンオクのバックを狙ったところで、逆に倒されてガードを強いられる。ソン・チャンヒョンはキムラを狙うが、チョ・ビョンオクは掌を左足の付け根にもっていき、腕を取らせない。

腕を引き抜いたチョ・ビョンオクは、立ち上がり際にバックを狙い、ソン・チェンヒョンが胸を合わせに来たところで、足を払ってトップをキープ、このままタイムアップに。ジャッジ3者ともチョ・ビョンオクの勝利を支持し、補欠選を勝ち抜くこととなった。

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie