この星の格闘技を追いかける

【BFC77】マチャエフは期待ハズレ。スタミナ切らすもヘルドが判定勝ち

2012.10.20

<ライト級トーナメント準々決勝/5分3R>
マルチン・ヘルド(ポーランド)
Def.2-1:29-28, 29-28, 29-28
ムラッド・マチャエフ(ロシア)

跳び蹴りから前に出て組みつくヘルド。ケージにマチャエフを詰めて、ヒザ蹴りを繰り出す。そのヒザ蹴りを抱えてマチャエフが態勢を入れ替える。距離を取り直した両者、ヘルドの左ジャブに対し、マチャエフは飛び込みながら右フックを伸ばす。ローを2発蹴り込み前に出るヘルドは後ろ回し蹴りも見せる。距離をとるために下がるマチャエフは、ケージに詰まって組みつかれると、テイクダウンを許す。

早くも息が荒くなっているマチャエフは、シーズン7を席巻するロシア勢にあって、これまで出場した同朋のような勢いがない。殴られながら立ち上がったマチャエフは、ヘルドのダブルレッグからバック狙いに胸を合せる。距離を取り直したヘルドに左から右を打ち込んだマチャエフだが、ヘルドが前に出てくると、すぐにケージに詰まりスピニングバックフィストから組みつかれる。

小手で耐えるマチャエフ、ヘルドは自らローリングするように捨て身でトップを奪取。バックに回り、前方に振り落されたヘルドが足関節を仕掛けようとすると、マチャエフが足引抜き走るように距離を取ったところで初回が終了した。

2R、右ストレートを伸ばし、左ジャブも繰り出すマチャエフは、ヘルドがパンチを振るいながら前に出てきたところで、右をヒット。動きが止りながら、組みついたヘルドは足関節のフェイントから組みついていくが、ダメージか疲れから、初回ほどの切れがない。

マチャエフはやや距離を詰めて戦うようになら、右ストレートから組みついてきたヘルドの姿勢が乱れると右フックを打ち込む。肩で息をするヘルド、マチャエフは左ボディフックを打ち込む。ヘルドは前方回転から足関節を狙うが、ヒザを畳んだマチャエフが立ち上がる。レフェリーがブレイクを命じ、ヘルドがスタンドへ戻る。遠い距離から決定打のない打撃戦を見せた両者、試合は最終回へ。

前に出ていくマチャエフに対し、距離を取ってカウンターを狙うようになったヘルドだが、右を受けて引き込むように背中をマットにつける。スタンドに戻ったヘルド、体力の消耗が激しい。それでも右を打ち込み、マチャエフが右サイドを走り抜けながら振るう右フックに、右を合せる。

単発の打撃勝負、ヘルドがパンチをタッチさせては下がる展開が続き、マチャエフのパンチは届かない。残り2分を切りヘルドが組みつこうとするが、マチャエフが切ると試合は再び単発の打撃戦へ。と、マチャエフがワンツーからスリーまで振るうが、距離が合わない。残り30秒、ヘルドの左ローがヒットし、飛び蹴りを見せるもマチャエフがスタップバック。最後の10秒にヘルドがスピニングバックフィスト、マチャエフが右フックを伸ばすも、どちらも空振りになりタイムアップに。スタミナを切らした東欧対決はポーランドのヘルドに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

Movie