この星の格闘技を追いかける

【It’s Shwotime】復活のペトロシアン、冷や汗判定勝ち

2011.11.13

Petrosyan<70キロ/3分3R>
ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)
Def.判定3-2
ゼベン・ディアズ(スペイン)

【写真】ゼベン・ディアズを相手に、復帰戦に臨んだペトロシアン。試合では思うようにペースを掴めず、冷や汗ものの判定勝利を拾う格好となった (C)Ben Pontier/EFN

日菜太との試合で古傷の拳を痛めていたジョルジオ・ペトロシアンが、開催国の地元・スペインのゼベン・ディアズを相手に復帰戦を迎えた。

1R、ゆっくりと左に回るペトロシアン。ディアズは、前へ出てフックを連打するが、ほとんどかわされてしまう。両者、ミドルキックを蹴り合うも、ペトロシアンのミドルキックが炸裂する。

ディアズは前へ出てジャブを放つが、ペトロシアンはバックステップでかわす。ワンツーで攻撃するディアズに、ペトロシアンは、左ストレートを合わせていく。ディアズが様子をうかがっていると、ペトロシアンは右フック、左ミドルで先手をとった。左右のフックで前へ出るディアズを、ステップでかわすペトロシアン。早くも、ペトロシアンのペースか。


ところがディアズは、ペトロシアンのローキックに右のパンチを合わせるなど、反撃開始。左から右フックを振り回し、乱打戦へ持っていくディアズが互角に持ち込みはじめた。ペトロシアンは、左目の上から出血したようで、ドクターチェックが入るも、すぐに再開した。

2R、ペースを掴んだのか、前へ出て積極的にパンチを打っていくディアズ。ペトロシアンはローキックをカウンターで返す。ディアズもローキック、ミドルキックで迎え撃つ。さらに右のパンチで、ディアズがKOを狙いにいった。

前へ出たディアズに、ペトロシアンの右のカウンターがヒット。左ミドルキックがディアズのボディに炸裂する。ペトロシアンの右フックに、ディアズも右フックで反撃。ペトロシアンがワンツー。ディアズが、ダッキングでディフェンス。ディアズは、右フックでペトロシアンを追い込んだが、ペトロシアンの小さいパンチが当たり始める。それでも、ディアズは怯まず、ここにペトロシアンのミドルキックが何度もヒットするが、大きな差はなく、ラウンド終了した。

3R、ペトロシアンの左ストレートに、右クロスを合わせるディアズ。ディアズは左右のフックで前へ出る。ペトロシアンはミドル、ハイキックでディアズのパンチを潰しにかかり、右、左とストレートを伸ばしていく。

コーナーに詰めて、左ボディ、右ストレートを放つペトロシアン。転倒するディアズは、スリップか。右、左とテンポよくパンチで攻撃するペトロシアンは、ディアズのパンチを見切り、ミドルキックを当てていく。ミドルキック、ストレートを面白いように決めるペトロシアンは、ローキックも決まり、ペースを掴んできたようだが、ここで試合終了のゴング。首を振るディアズ。判定は、3-2のスプリットでペトロシアンを支持し、絶対王者が、冷や汗もののジャッジで逃げ切った。

PR
PR

関連記事

Movie