この星の格闘技を追いかける

【TPF05】マックロー、健闘デジーザスからTKO勝ち

2010.07.10

McCllough■160ポンド契約/5分3R
ロブ・マックロー(米国)
Def.1R4分31秒/TKO
アイザック・デジーザス(米国)

【写真】勝負時を逃さず、きっちりとケリをつけたマックローにはメジャー帰りの貫禄があった (C) DAVE MANDELL

まずはサウスポーのデジーザスが、左をマックローのローに合わせる。続いて左ローから右を見せ、マックローが前に出てくるところでクロスのタイミングを計る。やや遠めの距離でローを放つデジーザスに、マックローは距離を計りかねているのか、ローやパンチも空振りに終わることが多い。

そのマックローが距離を詰め、左ローを放つもデジーザスは右を合わせていく。それでも前に出ようとするマックローにスピニングバックキックを見せ、常に自分のリズムで戦うデジーザスは、一気に距離と詰めてローからパンチにつなげていく。ようやくマックローはケージ際で距離を詰めると、思い切りパンチを放っていくが、サークルワークで距離を取り直したデジーザスを崩すには至らない。


左へ左へ回るデジーザスに左ローで追いつつ、前に出てきたところで距離を詰め、右を叩きこんだマックローは、この一発でダウンを奪うと、ノンストップでパウンドを落とし続ける。

徐々に足が効かなくなり、両手で顔面を覆うようにするだけで動きが止まったデジーザス。さらに左パウンドを重ね、カットした傷を狙い打ちにしたマックローが、勝負時を逃さず、TKO勝ちした。

「彼は階級を挙げてきた立派なファイターだ。とてもタフだった」と語ったマックローは、ローディガーの王座を視野に入れていることを宣言してケージを後にした。果たして元WEC世界ライト級王者同士のTPFライト級選手権試合は実現するだろうか?

PR
PR

関連記事

Shooto

Movie