この星の格闘技を追いかける

【Fight&Mosh02】小野島恒太がインフィニティL初戦で、よしずみに組み勝ち3-0の判定勝ち

Onojima【写真】打撃で打ち勝ち、その結果テイクダウンに入いやすい状況を作った小野島が、終始ペースを握って勝利した(C)KEISUKE TAKAZAWA

<インフィニティLバンタム級/5分2R>
小野島恒太(日本)
Def.3-0:20-17.20-18.20-18
よしずみ(日本)

左ローを蹴った小野島、右を差したよしずみがケージに押し込んでいく。相四つから体を入れ替えた小野島が、シングルからダブルへ。ブレイクが入り、よしずみが左ジャブ。小野島がフックを当てると、よしずみもフックを返したところでパンチを被弾。腰から崩れたよしずみにパウンドを落とす小野島は、一旦カードの中に収まる。小野島は足を払いパス狙い。ここでよしずみがシングルを仕掛けるも、小野島が潰してパンチを落とす。

ハーフから体を捻り、シングルで立ち上がったよしずみは、ダブルでケージに押し込まれるとギロチンから引き込むように下に。頭を抜いた小野島はスクランブルでバックを制すが、よしずみは胸を合わせて押し返しラウンドが終了した。

2R、左フックを振るう小野島は、よしずみの前進に右オーバーハンドを振るい組んでいく。ボディロックで体を浮かせ、耐えられてもダブルに出た小野島は、背中向きから起き上がり、振り向いて耐えようとしたよしずみに右を当てる。シングル狙いのよしずみ、潰した小野島は後方から殴っていく。クリンチの中でも巧みにパンチを使う小野島、よしずみも両腕を差し返して体を入れ替える。ヒザにボディを受けた小野島は、もう一度体を入れ替えるとパンチをまとめ、反応したよしずみに組みついてテイクダウンに成功する。

ガードの中から殴る小野島が、パス&バック。よしずみは胸を合わせてシングルへ。最後にダブルでリフトアップも、小野島もギロチンに捉えて下になりタイムアップに。結果、小野島が3-0で判定勝ちを収め、インフィニティリーグ勝ち点2を挙げた。


PR
PR

関連記事

Shooto

Movie