この星の格闘技を追いかける

【Special】『この人と話しておきたい年末、2018』。平田樹「どんだけしんどいのか、それが一番の楽しみ」

Itsuki Hirata【写真】試合後、優勝も決まったということも関係しているのか、終始あどけなさの残る表情で話してくれた平田樹(C)KEISUKE TAKAZAWA

2018年ももう残すところ、本当に僅か……。MMAPLANETでは、年内に1年の総括と新たな1年の話をどうしても聞いておきたい格闘家を5人ピックアップした。

Hirata題して『この人と話しておきたい──2018』。最後の1人は──平田樹だ。2018年、日本の格闘技界のトレンドワードとなった格闘代理戦争。その3rdシーズンで優勝した平田はMMAファイターとして成功する意志が最も強く伝わってきた。

格闘代理戦争があって、その存在感は絶対となった一方で、リアリティTVショーへの出演がなくとも、MMAファイターを目指していたに違いない。そんな彼女に、優勝を決め囲み会見が終わった直後、控室で特異なデビュープロセスとこれからについて尋ねた。


──格闘代理戦争3rdシーズン決勝が終了しました。今の気持ちをまず教えてください。

「やっと本格的に格闘家になれました。それが今の気持ちです(笑)」

──昨年の今頃、平田選手は何をされていたのでしょうか。

「去年の今頃は卒業前で、家でグゥタラしていましたね。柔道は夏で引退し、卒業してから格闘技を始めようと思っていたので家でゴロゴロして(笑)。年末とお正月は普通の高校生として過ごしていました」

──柔道を続ける気持ちはなかったですか。

「なかったです。気持ちが強すぎて、柔道だけでは収まり切らなかったです。やっぱりMMAをやってみたかったです」

──いつ頃からそのように思うようになっていたのでしょうか。

「高校に入ってからですね。家族が皆好きだったので。RIZINや柔術の試合を皆で見に行ったり、兄がサンボの試合に出たので応援にも行っていました」

──ではレジェンド、桜井マッハ速人さんのこともご存じだったのですか。

「お父さんが凄く知っていたみたいです(笑)」

──実際にMMAを始めたのは高校を卒業してから?

「ハイ。春日柔道クラブの先輩がK-clannに通っていて。家も近かったので入門したんです」

──そんな折に格闘代理戦争が女子で始まる話が浮上したと。

「k-Clannも横田(一則)さんが代表でやってくれて、凄く環境が良くて。全ての出会いが、番組と結び付けてくれたような感じです」

──格闘代理戦争がなければ、どのような道を歩もうと思っていたのですか。

「どうだったんでしょうね。ONEが目標にもなっていかったですし、地道にコツコツとアマチュアの試合に出て、プロの大会から目をつけてもらう……普通はそうだと思います。半年でこんな風になるとは想像もできなかったです」

──そもそもMMAファイターになろうと思った時、目標はどこに設定していたのでしょうか。

「日本の女子格闘家のトップです。海外はオファーがあったら良いなぁぐらいで」

──ロンダ・ラウジーみたいになりたいとは?

「そこまでは考えていなかったです(笑)」

──石浦トライアウトで選ばれなかった時、あれは多くの視聴者も意外だと思っていたはずですが、どのような気持ちに?

「選ばれると信じていました。まさか、落ちるとは思っていなかったので『マジか!!』って……『甘くないなぁ』と」

──甘くないというか、圧倒していましたしね。

「『なんでだろう?』という気持ちは大きかったです。でも、すぐに次の試合に向けて頑張ろうと切り替えました。で、すぐにJEWELSのアマチュアの試合にも出ました」

──9月16日のアマJEWELSに「いつき」という名前で出場し、アームロックで一本勝ちしています。

「トライアウトに選ばれなかった次の週に出たんです(笑)。落ちたから、出ました。そして勝ったら、また流れが変わって来て。番組を視てくれている人からも『いないとダメな存在でしょう』とか言って貰えて。そんな時にマッハさんの推薦で、番組に戻れることができたんです」

──平田選手の復活を知った時、他のメンバーと見比べてMIO選手のパンチを被弾した時にどうなるのか。それ以外の相手とは差があるのではないかと思っていました。そして準決勝のMIO戦では自らパンチを当てて、RNCで失神に追い込みMMAというフィールドで地力の違いが出たかと

「ありがとうございます。自分のなかでは1回戦のパク・ポヒョン選手が一番手強かったです。試合も2Rまでいきましたし、打撃も寝技もできる選手で自分を出すことができなかったです。

キックも貰ったし、パンチも貰って。あの試合は厳しかったです。気を付けろと言われていたのに、首を抱えて投げてバックを取られそうになりましたし」

──確かにそのような場面もありましたが、袈裟固めが片方でなく移動して両方で抑えてトップキープ。勘の良さなのか、とにかく良い動きでした。

「あそこの動きも練習の成果です。横田さんに習った柔道の経験をいかした動きでした」

──マッハさんではなかったと。

「あの時はまだ……(笑)」

──今日の勝利でONEとの契約も勝ち取りました。

「う~ん、まだ実力的は全くです。番組とはルールも違いますし、対戦相手のフィジカルの強さも違います。日本の選手は細いけど、外国の選手は体も凄いです。もうバキバキのムキムキなんで。ONEに出ることを考えると、そこでも負けないようにしないといけないです。だから、これからやることがまだまだあって……やらないといけないことが増えたと思っています。

フィジカルだけでなく、打撃、寝技、技術と全部です。もうプロという風に受け止めらていると思うので、ONEの選手と同じようにできないといけないです」

──格闘代理戦争に出演することで、知名度は普通のプロ選手と比較ならないほどあります。そして、舞台慣れもしているように思います。ただし、プロとして戦っていくのはこれからです。そのなかで、平田選手が優勝を決めた後に「ここからスタート」と言っていたことが印象に残りました。

「本当にここがスタートです。やっとスタートラインに立てただけなので……浮かれるつもりはないです。ただ番組を見て応援してもらえることは、凄く力になりました。そこはプレッシャーやストレスになるのではなくて、パワーをもらっています。あれだけ応援をしてもらえると、やるしかないです。

同時に認知度が上がると色々と言って来る人も増えるということにもなりますが、そういうことを気にするよりも、もっともっと強くなりたいというのが一番です。

ここから『どんだけしんどいんだろう』って思いますが、それが一番の楽しみです。泣きながらやるんだろうなって(笑)」

──ではMMAファイターとして、広がっただろう夢を教えてください。

「チャンピオンになりたいです。そのためにコツコツと地道に練習し、1試合戦う度に『変わったな』と言ってもらえるよう強くなりたいです」

──いつ頃、ONEのサークルケージで戦いたいと考えていますか。

「う~ん……3月31日の日本大会は早いですけど……やってみたい気持ちもあります。やっぱり負けたくないので、死ぬほど練習するだろうし。出たい気持ちもあるし、まだ早いかなとも思います」

──では話題を変えて、優勝賞金300万円を何に使いたいと思っていますか。

「それ、たくさん聞かれます(笑)。自分、海外で練習したいです」

──えぇ、ディズニーランドではないのですか(※第1回UFCの優勝賞金の使い道を聞かれたホイス・グレイシーが『ガールフレンドとディズニーランドに行きたい』と答えた)(笑)。

「……。海外で練習したいですッ!!! 言葉も通じない場所で、凄く厳しい練習をやってみたいんです」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

大会予定(現地時間)

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday