この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX31】FOX最終試合で打撃戦を制したイアキンタが、組みを制したリーを返り討ちに

<ライト級/5分5R>
アル・イアキンタ(米国)
Def.3-0:49-46.48-47.48-47
ケビン・リー(米国)

リーの左ミドルをキャッチしそこなったイアキンタ。続いてシングルレッグも、リーが苦も無く足を抜く。と、これらの攻撃はツリだったのか、次のシングルレッグの仕掛けからスピニングバックエルボーを狙う。リーの顔面を掠めたエルボー、その後リーがプレッシャーを強める

低いか前からボディを繰り出すイアキンタに対し、リーが左ハイを狙う。さらに右に右を打ち返したリーが左ミドルを放つ。イアキンタも前に出て左を振るうと、ここでもシングルレッグの形に入りすぐに下がる。ローの蹴り合いからイアキンタが前に出て、右アッパーを当てる。さらにフックの打ち合いから、組んですぐに離れたイアキンタの動きが目立った初回となった。

2R、やや距離が近くなり両者が、パンチの当たる距離に立つ。そこから離れたイアキンタに左ジャブを放つリーが、シングルレッグからボディロックにとり、テイクダウンに成功する。後方から右のパンチを連打し、両足をフックしたリーが鉄槌を打ちつけ、エルボーを頭部に入れる。エルボーを連打するリーは腹這いにさせたイアキンタが、胸を合わせて来たところでスタンドに戻る。

左ジャブを連続で繰り出したイアキンタが前にへ。左ボディフックを入れ、ジャブにつなげる。リーは左ミドルを繰り出すが、組みでスタミナをロスしたか。最後もイアキンタが右を当てて挽回を印象付けた。

3R、サウスポーに構えたリーが、オーソに戻す。そこにイアキンタが右を当てる。左ジャブを打ち合うなか、リーは右ミドルを繰り出すも、パンチの距離はイアキンタが支配しつつある。イアキンタはジャブ、右フックを当て、リーのパンチはバックステップやヘッドムーブでかわす。そこから右が届くようになったイアキンタはシングルレッグから左を振るう。直後にダブルレッグでテイクダウンしたリーが、スクランブルでバックを伺う。

ボディロックでバックに回ったリーは、リフトアップから崩してバックマウントを即奪取する。残り80秒、エルボーを打ちつけるリーは暴れるイアキンタの背中にしっかりと乗り、胸を合わすことを許さない。起き上がって正座状態になったイアキンタにパンチを打ったリーが、この回を取った。

4R、打撃でリードするようになったが、組みで劣勢のイアキンタはタッチボクシングならぬタッチレスリングから、テイクダウンを奪うレスリングが必要か。右を当てたイアキンタが、大きなフックから圧力を高める。右の相打ちで打ち勝ったイアキンタが、サウスポーにスイッチしたリーにアッパー、右ストレートをヒットする。

続く右ハイで動きが止まったリーは、足を使って回る。イアキンタは右ボディフックを入れ、右ストレートで顔面を打ち抜く。守勢のリーは右ジャブを伸ばすが、切れがなくなっている。それでも左ミドルを返したリーが、右フックを振るう。ここからは間合いの図り合いが続き、リーが左ミドル。イアキンタが右ストレートを打ち、テイクダウンを許さずこの回を取った。

最終回、ジャブから右を伸ばしたリー。続いてシングルレッグを狙うと、イアキンタがコブラでバックを伺う。リーはここでヒザ十字にスイッチし、足を抜いて離れたイアキンタをシングルレッグでケージに押し込む。懸命に耐えるイアキンタのバックに回ったリーがワンフックに足を組む。イアキンタが胸を合わせると、リーは離れる。左ミドルを胸に受けたイアキンタが左右のフックを振るっていく。

さらにテイクダウン狙いを切ったイアキンタが左フックを打ち込む。体が揺れて、左に回ったリーが、必死に右フックをダックでかわす。回るリーを追いかけるイアキンタが右を打ち込む。さらに右ストレートを2発当てたイアキンタ、3発目でリーがケージに詰まる。アッパー、右を続けるイアキンタは、タイムアップとともにリーに向かって何かを叫んだ。

結果、判定は3‐0でイアキンタがリーを返り討ちに。FOX UFC中継最後の試合で勝利を手に出来なかったリーは「最初の3Rは取っていた。でも、イアキンタは素晴らしい試合をしたよ」と呆然とした表情で語った。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie