この星の格闘技を追いかける

【UFN137】試合結果 メインの激闘はマヘタが制し、ホジェリオ復活。ヘナタが初陣勝利&レイチは引退へ

UFN137【写真】いつ心が折れても──という展開が2Rから3Rにかけて連続した勝負をマヘタが制した(C)Zuffa LLC/Getty Images

22日(土・現地時間)、ブラジルはサンパウロのジナーシオ・ド・イビラプエラでUFC Fight Night137「Santos vs Anders」が開催された。

メインのカードは二転三転とし、大会6日前にチアゴ・マヘタ・サントス✖アリク・アンダースというミドル級ファイター同士のライトヘビー級戦で落ち着いた。急遽出場を飲んだアンダースは体力の消耗が激しく、マヘタも攻め疲れた顕著で激しい消耗戦に。結果、3R終了時にアンダースが続行不能に陥りマヘタが厳しい試合で勝利を手にした。

Leiteアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラは1年10カ月振りの試合出場で、2年4カ月振りの勝利を挙げた一方で、ターレス・レイチはヘクター・ロンバード戦の勝利後にグローブを置き引退。UFC初陣となったリヴィア・ヘナタ・ソウザはギロチンチョークでアレックス・チェンバースを破り、堂々のオクタゴン初勝利を挙げた。

ファイト・オブ・ザ・ナイト=チアゴ・マヘタ・サントス✖アリク・アンダース
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト=アレックス・オリヴェイラアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ


UFC Fight Night137「Santos vs Anders」
<ライトヘビー級/5分5R>
○チアゴ・マヘタ・サントス(ブラジル)3R終了時
TKO
詳細はコチラ
×アリク・アンダース(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○アレックス・オリヴェイラ(ブラジル)1R0分39秒
KO
詳細はコチラ
×カルロ・ペデルソリ(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(ブラジル)2R1分00秒
KO
詳細はコチラ
×サム・アルヴィー(米国)
<141.75ポンド契約/5分3R>
○アンドレ・イーウェル(米国)3R
判定
×ヘナン・バラォン(ブラジル)
<女子ストロー級/5分3R>
△ランダ・マルコス(カナダ)3R
Draw
△マリナ・ホドリゲス(ブラジル)
<ライト級/5分3R>
○シャーウス・オリヴェイラ(ブラジル)2R3分22秒
RNC
×クリストス・ギアゴス(米国)
<ライト級/5分3R>
○フランシスコ・トリナルド(ブラジル)2R4分10秒
KO
×エヴァン・ダナム(米国)
<ライトヘビー級/5分3R>
○ライアン・スパン(米国)3R
判定
×ルイス・エンヒッキ(ブラジル)
<ヘビー級/5分3R>
○アウグスト・サカイ(ブラジル)3R4分03秒
TKO
×チェイス・シャーマン(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○セルジオ・モラエス(ブラジル)2R4分42秒
肩固め
×ベン・サンダース(米国)
<女子フライ級/5分3R>
○マリア・ブエノ・シウバ(ブラジル)1R4分55秒
腕十字
×ギリアン・ロバートソン(カナダ)
<ミドル級/5分3R>
○テーレス・レイチ(ブラジル)3R
判定
詳細はコチラ
×ヘクター・ロンバード(豪州)
<ウェルター級/5分3R>
○エリゼウ・カポエイラ(ブラジル)2R1分20秒
TKO
×ルイジ・ヴェンドラミニ(ブラジル)
<女子ストロー級/5分3R>
○リヴィア・ヘナタ・ソウザ(ブラジル)1R1分21秒
ギロチンチョーク
詳細はコチラ
×アレックス・チェンバース(豪州)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday