この星の格闘技を追いかける

【UFN137】タ―レイス・レイチがラストファイトで「気持ち」で戦いロンバードを下す

<ミドル級/5分3R>
テーレス・レイチ(ブラジル)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ヘクター・ロンバード(豪州)

この試合が引退試合になると宣言しての母国でのファイトとなるレイチは、距離を取って蹴りを繰り出す慎重なファイトに。ロンバードも単発な一発を振るって前に出るなか、レその前進にレイチがカウンターを合わせようとする。ケージの前を移動するレイチを追いかけて左フック、左ローを繰り出すロンバード。体がローで左に持っていかれるレイチの右ハイは届かず、初回はロンバードのラウンドとなった。

2R、初回に比べやや間合いが近くなり、レイチが右ストレートを伸ばし、ロンバードのローのタイミングでテイクダウンを決める。即スタンドに戻ったロンバードに右を当てたレイチは、引き続きワンツーで前に出る。右をヒットさせたレイチをサンパウロのファンが後押しする。左ヒザの内側が大きく腫れあがっているレイチは首相撲から引き込んで腕十字へ。

頭が刈れず、右を差して立ち上がったレイチが首相撲から今度はヒザを突き上げる。レイチは離れたロンバードに右ハイを入れ、ボディストレートを決める。ロンバードは大きな反撃はなく、右目じりをカットし流血に見舞われている、左ミドルを入れるなど、攻勢だったレイチがラウンドを取り返した。

最終回、左ローをまず繰り出したロンバードは首相撲にもボディにパンチを入れ、胸を合わせていく。レイチはヒザをボディに3発見舞い、距離を取ると右ミドルを蹴り込む。ロンバードのローに右を合わせ、自らも右ローを蹴るレイチが右を当てる。ロンバードは以前にもまして手数が少なく、レイチはローの蹴り合いから左ジャブを届かせ、右ストレートにつなげる。

残り80秒からのクリンチ戦でケージを背にしながらも時間を稼いだレイチは、ギロチン狙いから体を入れ替える。すぐに押し返したロンバードは、打撃で勝負をかける気配はまるでない。レイチも最後の白星は目指し、最後の最後にバックに回り込み試合終了のみならず、現役生活最後のホーンを聞いた。

3-0 の判定勝利のコールを受け、師匠アンドレ・ペデネイラスに肩車されたレイチは「ヒザは痛かったけど、コーチの『気持ちを見せろ』という言葉に従った戦ったんだ。いろいろあったけど、皆、愛している」という言葉とともにグローブを置いた。そして、ケージを下りたところで、かつての練習仲間BJ・ペンと固くハグをかわした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY