この星の格闘技を追いかける

【Brave CF14】アルカソフが引き込み多用のセンテーラに3‐0の判定勝利

<フライ級/5分3R>
ヴェリムラッド・アルカソフ(ロシア)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ショーン・センテーラ(米国)

センテーラの左ハイを外したアルカソフは、飛び込んで放たれた左フックもかわす。ローを蹴りあった両者、センテーラの右ローを連続で被弾したアルカソフは、ダブルレッグを切ってボディにパンチを入れる。距離を取り直したセンテーラは右ローをキャッチされ、右フックを被弾しそうになる。右オーバーハンドを被弾、手をマットについたアルカソフを追いかけるセンテーラは、逆に左フックを被弾する。

足を滑らせたセンテーラのバックを取って勢いよくパンチを打ち込むアルカソフ。ガードを取ったセンテーラのラバーガード狙いに、アルカソフはスタンドに戻る。右ローを当て、右フックを狙ったセンテーラは、終了間際に蹴り足をキャッチされると自らジャンプするように離れてガードを取る。直後に初回が終わった。

2R、右ローから左フックを打たれ後方に倒れたセンテーラがラバーガードからハイガードで固める。スラムをされてもハイガードを続け、腕十字へ。腕を抜くと同時に立ち上がったアルカソフが、ローを連続で蹴り込む。ペダラーダ狙いのセンテーラはガードを取り続けると、レフェリーがスタンドに戻るよう指示する。

勢いのあるアルカソフのパンチに、簡単に引き込むようになったセンテーラが、立ち上がると当時にアルカソフが右を狙う。これはかわしたセンテーラのガードの上からアルカソフが左ハイを蹴り込む。さらに飛びヒザをキャッチしてスラムしたアルカソフがラウンドを取った。

最終回、開始早々に引き込んだセンテーラにアルカソフがローを蹴り、立ち上がるのを待ち受ける。スピニングバックフィストを見せながら起き上がったセンテーラが右を当てる。アルカソフの前進に右を合わせようとするセンテーラだが、左フックを振るわれてここも引き込む。寝技に入らず、ローを続けるアルカソフ。レフェリーはブレイクを命じると、ハイキックを空振りしたセンテーラがそのままガードを取り、会場ではブーイングが起こる。

残り2分を切り、ブレイクでスタンドに戻ったセンテーラは組みから引き込み、アルカソフはローを蹴るのみ。再び、ブレイクから同じ攻防を繰り返したセンテーラがハイガードも頭を抜かれ、グラウンドで反則の蹴り上げを顔面に当てる。レフェリーは試合を流し、アルカソフもそのままガードの中に納まり、最後に立ち上がって終了前から勝利のアピールを見せた。結果、アルカソフが3‐0で勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY