この星の格闘技を追いかける

【DWTNCS S02 Ep07】完全支配から一本勝ちのロバーツ、アダムス、ハイニッシュ、グリフィンがUFCへ

<ライト級/5分3R>
ルーズベルト・ロバーツ(米国)
Def.2R2分13秒by RNC
ギャレット・グロース(米国)

左ローを入れた長身のロバーツが、組んできたグロースをギロチンに取られる。絞めを解いたロバーツはケージに押し込まれるも体を入れ替えて、左ワキを差しつつ前方に崩していう。耐えるグロースのバランスを利して、ボディロックから後方にテイクダウンを奪ったロバーツが、パウンドからギロチンを狙いつつ、スクランブルを許さず抑えていく。グラウンドでもリーチの長さを武器に戦うロバーツは、グロースを立たせない。

残り80秒でグロースが立ち上がったときには、尻の後ろでクラッチを組んでいたロバーツが、ダブルレッグで倒してトップをキープする。グロースの蹴り上げを捌いて、マウントに入ったロバーツは、足を戻されてもそのままパンチを落とし、スクランブルでギロチン&抑え込み、圧倒的な差を見せた。

2R開始直後にニータップでテイクダウを奪ったロバーツは、パスガードからマウントへ。暴れるクローズをマットに張り付け、左ヒザで右腕を抑えパンチを連打する。勢いのあるパンチを打たれ、背中を見せたグロースはRNCに観念したようにタップした。

完全にドミネイトしたうえでの一本勝ち、DWTNCSシーズン02第7週はロバーツを始め、フアン・アダムス、イアン・ハイニッシュ、ジョーダン・グリフィンの4人が契約を勝ち取った。そして、契約を決めたロバーツはマイケル・キエーサ戦をアピールするという豪胆ぶりに発揮した。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY