この星の格闘技を追いかける

【UFN128】K太郎、タイミング図るマーチンを攻略できず、フルマークの判定負けに

<ウェルター級/5分3R>
トニー・マーチン(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
中村K太郎(日本)

サウスポーのK太郎にマーチンが右ハイをまず見せる。K太郎は左ローから左ストレート、マーチンの左ローに左を合わせていく。マーチンは左ジャブ、K太郎が左を返す。マーチンは右ハイ、ワンツーから右ストレートを当てると、K太郎がバランスを崩す。すぐに持ち直したK太郎に対し、マーチンはラッシュをかけなかった。

真正面での間合いの測り合いが続き、K太郎の左をマーチンがバックステップでかわす。K太郎の左ハイの着地後に右を伸ばしたマーチンだが、直後にK太郎がダブルレッグへ。首を抱えて尻餅をついたマーチンはそのまま状態で初回を戦い終えた。

2R、K太郎は左と右ローを蹴り、右ジャブを伸ばす。左ストレートをヘッドスリップでかわしたマーチンは、カウンターでもなく攻め時を探るような戦いを続けている。そのマーチンのワンツー後にK太郎が左ハイを狙い、左ストレート。マーチンはその打ち終わりに右ストレート、K太郎が蹴りを出そうとしたところ右フックを当てる。

思ったほど攻めてこないマーチンに対し、K太郎もなかなか突破口を開けず左ジャブを被弾する。パンチの打ち終わりを狙うマーチンに左ミドルを入れ、左ストレートも当てたK太郎だが右ストレートを当てたれ、ガードの上からの右ハイで体が持っていかれそうになる。終了間際のダブルレッグをギロチンで受け止めたマーチンは、カメラに笑顔を向けてラウンド終了を迎えた。

3R、マーチンの右フックにテイクダウンを合わせたK太郎、そこにマーチンがアームロックを仕掛けてリバーサルを狙う。上を守ったK太郎ががぶるが、マーチンが離れて試合はスタンドへ。左ハイを見せたK太郎が左ストレート。対してマーチンが右を狙う。マーチンのワンツーをかわし、左を伸ばしたK太郎だが、マウスピースをしておらず試合が中断する。

左ハイから組みいったK太郎は、リズムが合わずすぐに離れる。マーチンの右ハイをかわし、前に出てシングルでテイクダウンを奪ったK太郎だったが、アームロック狙いにバックを取れず、そのまま下にされる。ハーフからアームロック狙いのマーチンが、エルボーに切り替えたところで試合はタイムアップに。

ジャッジは3者揃って30-27でマーチンに。これまのアグレッシブなファイトから戦い方が変わっていたマーチンを攻略できず、K太郎はフルマークの判定負けとなった。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY