この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX29】テイクダウン勝負に出たウォーターソンがケイシーから微妙なスプリット判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
ミッシェレ・ウォーターソン(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
コートニー・ケイシー(米国)

左右のローを蹴るウォーターソンが、ローから左ミドルを見せる。さらに右ローから右ストレートをサークリングを駆使しながら繰り出すと、ケイシーのパンチをかわしてミドルを入れていく。捕まえたケイシーは首相撲&ヒザを突き上げ、ウォーターソンが離れても右から左を打ち込む。回るのではなく下がったウォーターソンはクリンチで呼吸を整えて間合いを取り直すが、再び右を被弾してバランスを崩す。

ケージにウォーターソンを押し込んだケイシーは体を入れ替えられ、エルボーを打たれる。直後に離れたウォーターソンだが、攻め手は明らかに減っている。引き続き右を被弾して倒れたウォーターソンが、テイクダウンを決めてグラウンドへ。ケイシーの三角絞め狙いを防ぎパンチを落としたウォーターソンだが初回はケイシーのモノに。

2R、ローを蹴るウォーターソンはパンチの圧力に負けて下がると、ケージを背にしてエルボーを2発打ち込む。ケイシーもエルボーを返し、ケージ中央へ移動すると回るウォーターソンを追いかけて右を当てる。ウォーターソンがシングルレッグを決めてテイクダウン。パンチとエルボーを落とすウォーターソンに対し、ケイシーは三角絞めを仕掛ける。そのまま腕を伸ばすが、ウォーターソンは頭を抜いてエスケープ、直後にケイシーはオモプラッタに移行する。

ヒザでケイシーの顔に座るように防御したウォーターソンだが、ケイシーはケージを蹴りつつ再び腕十字へ。ここも体を跨いで防いだウォーターソンがスタンドへ戻る。ケイシーの右にウォーターソンが前蹴りを合わせて、後方にバランスを崩させたところで2Rが終わり試合はイーブンとなったか。

最終回、ウォーターソンが左ハイをケイシーの顔に届かせる。ケイシーは右を伸ばすと、右フックで前に出る。ケージ際のクリンチ合戦を経て両者が間合いを取り直す。パンチを被弾せずに、一気に組むようになったウォーターソンがボディロック&小外掛けでテイクダウンに成功する。

ガードを取ったケイリーはケージウォーク&腕十字を再び仕掛ける。足も引き寄せて回転を許さなかったケイシーだが、ウォーターソンは腕を引き抜く。ケイシーは引き寄せた足に関節を狙い、スイープ狙い。立ち上がったウォーターソンが、ケイシーの立ち上がり際に右を打ち込む。残り90秒、ウォーターソンは再びシングルを仕掛け、ダブルレッグに移行する、ケイシーはスプロールし、エルボーをワキ腹に落として、クラッチを切るとバックに回りこむ。

後方からエルボー、パンチを落としたケイシーは両足をフックしてRNCから腕十字へ。必死にクラッチを組むウォーターソンだが、組みが外れたところでタイムアップに。両者は健闘を称え合うが、その表情は笑顔のウォーターソンと厳しい表情のケイシーと対照的であった。

結果、ウォーターソンがスプリットで判定勝ちを手にしたが、最終回を取ったのはケイシーのようにも見えたが……。


PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY