この星の格闘技を追いかける

【ONE69】試合結果 ビビアーノが2階級王者ヌグエンを破り王座防衛。山田哲也は一本負けに

ONE69【写真】世界バンタム級王者ビビアーノ・フェルナンデスは世界フェザー級&ライト級王者マーチン・ヌグエンを下し、7度目の王座防衛戦に成功した(C)ONE

24 日(土・現地時間)、タイはバンコクのインパクト・アリーナでONE69 「Iron Will」が開催された。

史上初3階級同時制覇を狙いビビアーノ・フェルナンデスの持ちONE世界バンタム級王座に挑んだ、フェザー級&ライト級王者のマーチン・ヌグエンの右はほぼ完封され、終盤にはテイクダウンやテイクバックを許すシーンが増える。ついには右ストレートでダウンを奪ったビビアーノが改めて、その完成度の高さを見せて王座防衛戦に成功した。

Garry TononMMA初戦となったゲイリー・トノンはスタンドの打撃重視から、テイクダウン後もあえてパウンド勝負を見せるようなファイトでリカルド・コーミナルを圧倒。最後はマウントからエルボーでTKO勝ちを収めた。

山田哲也は強力ロシアンのサイー・フセイン・アルサラエフの前に引き込みを繰り返し、最後は腕十字を取られ一本負けとなった。

Kritsada Kongsrichaiまたプレリミ最終試合に出場したタイのグレコローマン王者クリッサダ・コンスリチャイは、ロビン・カタランを豪快に後方にスープレックスで投げつけ、一旦はTKO勝ちのコールを受けたが、大会終了後に頭から落とす技は禁止ということで反則負けになっている。

また、セミで捲土重来を喫したデェダムロン・ソー・アミュアイシルチョークは、ジェレミー・ミアドの右ストレートでKO負けを喫している。


ONE69 「Iron Will」
<ONE世界バンタム級 (※65.8キロ)選手権試合/5分5R>
○ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル)5R
判定
詳細はコチラ
×マーチン・ヌグエン(豪州)
<ストロー級(※56・7キロ)/5分3R>
○ジェレミー・ミアド(フィリピン)1R1分29秒
KO
詳細はコチラ
×デェダムロン・ソーアミュアイシルチョーク(タイ)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○シャノン・ウィラチャイ(タイ)1R0分21秒
KO
×ラフール・ラジュ(インド)
<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
○アンジェリー・サバナイ(タイ)3R
判定
×リカ・イシゲ(タイ)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○サイー・フセイン・アサリエフ(ロシア)3R2分51秒
腕十字
詳細はコチラ
×山田哲也(日本)
<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
○ワカー・ウマー(パキスタン)1R4分21秒
RNC
×チャオ・チーカン(中国)
<ライト級(※77.1キロ)/5分3R>
○ゲイリー・トノン(米国)2R3分40秒
TKO
詳細はコチラ
×リカルド・コーミナル(フィリピン)
<ストロー級(※56・7キロ)/5分3R>
○ロビン・カタラン(フィリピン)1R1分40秒
DQ
詳細はコチラ
×クリッサダ・コンスリチャイ(タイ)
<ライトヘビー級(※120.2キロ)/5分3R>
○アラン・ンガラニ(香港)3R
判定
×アリウンボルド・トロチェル(モンゴル)
<ミドル級(※93.0キロ)/5分3R>
○ジルベウト・ガルバォン(ブラジル)2R0分07秒
TKO
×ジェイク・バトラー(米国)
<バンタム級(※65.81キロ)/5分3R>
○ツー・ノット(インドネシア)3R
判定
×ヒシャム・サムス(マレーシア)
PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY