この星の格闘技を追いかける

【UFN127】決定打のない打撃戦、ローを入れ続けたデュケノワがウェアを3-0で破る

2018.03.18

<バンタム級/5分3R>
トム・デュケノワ(フランス)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
テリオン・ウェア(米国)

リードジャブを互い伸ばし、デュケノワがローを蹴る。組みを交え、右ミドルを繰り出したウェアに対し、デュケノワが右ロング&右ローのコンビネーションを繰り出す。前蹴りから右と手を変えて攻撃するデュケノワに対し、ウェアはボディショットの連打。直後にデュケノワが右ハイを当て、ウェアは左ジャブ、接近戦で右アッパーからヒザ蹴りを放つ。右オーバーハンド後にアッパーを受けて、距離を取り直したデュケノワは、ボディからヒザを顔面に被弾する。ウェアのシングル狙いを切りきれず、最後にテイクダウンを許しパウンドを落とされたデュケノワは初回を落としたか。

2R、デュケノワが左ローに続き、左ミドルを蹴っていく。ウェアはリードアッパー、デュケノワは動きが少し落ちてパンチを被弾する場面が増える。それでもワンツー&右ローという対角線コンビネーションを繰り出したデュケノワは、右を当てるシーンも。構わずボディへのショートの連打を見せたウェアに対し、デュケノワもローを返し打撃戦でもやり合う姿勢を見せる。

と、デュケノワが急所に蹴りが当たったと抗議し試合が中断する。じっくりと回復させたデュケノワが攻勢に出ようとしたが、ウェアは許さない。ウェアのダブルレッグを反り投げのように切り返すも、これを潰されたデュケノワはガードでパンチを打たれラウンドが終わった。

最終回、デュケノワはローを続けるが、ウェアの前進を止めることができない。テンカオも繰り出すデュケノワは右ローを蹴り、ウェアが組んできても逆にケージに押し込む。離れて打撃戦を展開する両者だが、決定的なシーンはないまま残り1分へ。やや距離が近づき、手数が増えたものの最後まで決定打はなく、ローが評価されたかデュケノワに凱歌が挙がった。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

WEF X Arzalet

ONE DAY