この星の格闘技を追いかける

【ONE62】強烈な蹴りを続けたベリンゴンが、チュンの組みをしのいで判定勝ち

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ケビン・ベリンゴン(フィリピン)
Def.3-0
ケヴィン・チュン(米国)

離れた距離からベリンゴンがローを蹴ると、これが急所に入りチュンがインターバルを要求する。再開後、スピニングバックキックを2発見せたベリンゴンは右ミドルも2発、ボディに蹴り込む、さらに右ミドル、右ロー、右ハイを入れると、右フックは空振りに。その後も勢いよくパンチを叩き込むと、チュンはダウンをするように引き込む。

ベリンゴンはシングルを切り、パンチを入れ左のパウンドを思い切り落としてチュンを立たせない。2度目のシングル狙いはがぶってヒザを頭部に入れていく。アップキックに思い切り右ローを蹴っていくベリンゴン、ここでレフェリーがブレイクを命じてチュンがスタンドへ。チュンの飛び込みながらのパンチを軽く見切ったベリンゴンは思い切り右ローを蹴って初回を戦い終えた。

2R、右ミドルを勢いよく蹴り、スピニングバックキックを入れる。チュンの右をかわして右をベリンゴンが当てる。チュンはテイクダウン狙いから引き込むが、すぐにブレイクを命じられる。スイッチを見せるチュンは、蹴りのプレッシャーに距離を詰めることができない。

決死の覚悟でローにテイクダウンを合わせたチュンは、切り返されて下になったチュンがスクランブルからバックを取って後方にベリンゴンを投げる。そのままサイドを取り、ニーインベリー狙ったチュンに対し、ブリッジからベリンゴンがスタンドに戻り2Rも終了した。

最終回、チュンの右をバックステップで避けたベリンゴンが右を伸ばす。チュンはダブルレッグでテイクダウンを奪うと、サイドから抑えてストレートアームバー、そしてキムラを仕掛ける。ここでもベリンゴンは肩ブリッジでスタンドに戻る。チュンはローから右フックを当てていくも、ベリンゴンが右を振るうとテイクダウンを狙う。ベリンゴンが切ると、引き込んでしまったチュン。

ガードの中に入ったベリンゴンが足を一本抜くと、チュンはハーフから潜って足関節を狙う。ベリンゴンは体を捩じりながら足を引き抜いて立ち上がると、ここでタイムアップを迎えた。中盤は以降は組みに押される場面もあったが、勢いある攻撃を仕掛け続けたベリンゴンが判定3-0でチュンを破った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie