この星の格闘技を追いかける

【RFC43】多彩な蹴りを駆使したラザノフが、寝技のミンを破る

<フェザー級/5分2R>
エウゲニ・ラザノフ(ロシア)
Def.3-0
ミン・ギョンチョル(韓国)

ミンが左ジャブを当て、ラザノフが重い右ローを返す。続くラザノフの左ミドルとミンのワンツーが交錯する。ミンが組みに行くと、ラザノフは左右のフックを打ち込む。ミンの左、ラザノフの右が互いに顔面を打ち込まれる。ラザノフの右オーバーハンドは空振りになるが、サイドキック&前蹴りで距離を取る。右フック、後ろ回し蹴りと引き出しの多いラザノフは、スピニングバックキック、さらにテコンドー流の軸足を変える回し蹴り、そしてカカト落としを繰り出す。

ミンはダブルロックでテイクダウンし鉄槌を打ち込む。寝技はしがみつき系のラザノフはやや不安要素を見せて2Rを迎えることとなった。

ラザノフは左ローを蹴り、距離が近づくとフックの連打、そして左ハイキックでダウンを奪う。パウンドを落とすラザノフにミンが腕十字。ラザノフは左手を抜いて、パウドを続ける。試合がスタンドに戻ると、ヒザ蹴りをボディに入れたラザノフは、浴びせ蹴りから立ち上がったミンの腹をミドルで蹴りぬく。

直後に組んでバックに回ったミンが、寝技に持ち込んでバックマウントに。RNCを決めるには、やや高い位置かと思われるが、果敢に絞めにトライする。RNCグリップでなく、パームトゥパームなど組み方を変えるミンだが、極め入れない。

やがてラザノフが胸を合わせてトップを取ると、ミンは三角を狙う。ラザノフは立ち上がってローキック、飛び込んで右のパウンドを落とす。ミンは立ち上がらず、ガードを取ったままで腕十字を狙うも、これを防がれ立ち上がったところで試合は終わった。

打撃重視の加点方式を考えると、ラザノフの勝利は堅いと思われるが……結果は、予想通りラザノフが3-0で判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie