この星の格闘技を追いかける

【Bellator184】巧さ健在、パット・カーランがマカパをカウンターで制す

<フェザー級/5分3R>
パット・カーラン(米国)
Def.3-0:30-26.30-27.29-28
ジョン・マカパ・テイシェイラ(ブラジル)

マカパの右ストレートをかわしてバックを伺ったカーラン。向き合ってローを蹴ると、マカパがワンツーを返す。カーランの前進+ワンツーにマカパは右アッパーを合わせようとする。そのアッパーから粗めのフックを振り回して距離を詰めるマカパが、鋭いローを蹴っていく。カーランはマカパの遠い位置からのリードアッパーに右オーバーハンドをカウンターで入れ、さらに右を2度当てて腰を落とさせる。

カウンターを入れられ慎重になったマカパに対し、足を使いつつ踏み込んでパンチを当てるようになったカーランが、またもフックに右を合わせる。バランスを崩したマカパはローにも右フックを被弾し、攻め手がなくなり追い込まれた。

2R、ローに右を打たれ、続くフックにもカウンターを被弾するマカパは、ダブルレッグからバックに回り込む。ウィザードで耐えたカーランが右を打ちながら離れる。ボクシング戦と思いきや、右ヒザをボディにいれるなどカーランが試合巧者ぶりを発揮する。マカパは左ミドルハイのような蹴りは見せるが、パンチは序盤のような勢いは見られない。左ジャブを当てるカーラン、右ローをチェックしサークリングで間合いを確保するが、手数が少ないのが気になる。

と、左ジャブを当ててダブルレッグを決めたカーランがトップを奪取しパウンドへ。背中を取られないように立ち上がったマカパだが、これはカーランが逃がしたという感じか。

最終回、オーバーハンドで前に出るマカパに対し、左ジャブを当てるカーラン。さらに右アッパーを入れると、ダブルレッグからバックに回り込む。ケージに押し込み、シングルレッグでテイクダウンを奪ったカーランは立ち上がったマカパをもう一度倒してハーフでトップを奪取する。潜りからスクランブルに持ち込んだマカパに対し、バックコントロールに持ち込んだカーランは自ら離れる。

かわして打つカーランに対し、マカパは空振りでも前に出る。そのマカパはダブルレッグを防がれ、逆にシングルからタイクロッチで持ち上げられる。自ら前方に落ちるように防御したマカパだが、直後に右ミドルをボディに受けて左フックを顔面に当てられる。カーランは左ミドルを続けて、サークリング。マカパはショートフックからアッパーを当てタイムアップに。

変わらぬ巧さを見せたカーランが、文句なしの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie