この星の格闘技を追いかける

【ACB71】序盤のピンチをしのぎ、アスタミロフがロピスから判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
ドゥクヴァカ・アスタミロフ(ロシア)
Def.5-0:30-27. 30-27. 30-27. 30-27. 30-27
ジレノ・ロピス(ブラジル)

19勝のうち13試合が一本勝ち、そして10の勝利がギロチンによるロピス。頭一つ長身のアスタミロフに飛び込んで左ボディを打つロピスが、ワンツーフック。アスタミロフは前蹴りを見せるが、直後にロピスがシングルレッグからバックへ。前転したアスタミロフに両足をフックしたロピスは、立ち上がったアスタミロフにRNCをセットアップしていく。懸命に手首を掴むアスタミロフだが、息が荒くなる。腕を組みかえたロピスは今度は左手で絞めながら、後方に倒れ込む。またも腕を組みかえたロピスだが、アスタミロフがヒジを押し上げて防ぐ。

そのたびにセットアップし直すロピスだったが、ついにアスタミロフが胸を合わせて立ち上がると勢いよくパンチ、エルボーを打ち込む。ロピスは腰を切って腕十字狙いも、顔面にパンチを落とされる。と、ロピスは足関節習いからバックへ。しかし、アスタミロフが振り落し後方からヒザ蹴りを入れる。ケージに詰まった状態でパンチを連打されたロピスが距離を取り直したところで初回が終わった。

2R、アスタミロフの勢いよくフックを打ち込むが、逆にロピスも左フックを当てる。バランスを崩したアスタミロフは首投げを決めたが、ここでバックを許す。ロピスは乗り過ぎて前方に落とされ、ガードを強いられる。スイープ狙いからオモプラッタを狙うロピスに対し、つま先を掴んで防いだアスタミロフが右エルボーを連打する。

起き上がったアスタミロフが思い切り右のパンチを打ち込む。アスタミロフは立ち上がり、パンチを落としながらガードの中に。両者、動きが落ちるなかロピスは巴十字を極めそうに。これをアスタミロフが防いだところでラウンド終了に。

最終回、アスタミロフの右ローでバランスを崩すロピス。アスタミロフが左フックをヒットさせると、ロピスはシングルレッグへ。強引に投げを狙ったアスタミロフのバックを伺うロピスはスイッチがトップを許す。スタンドに戻りヒザをボディに突き刺したアスタミロフが、右ハイを当てる。右ストレートに続き、再び右ハイ、さらにヒザ蹴りを繰り出すアスタミロフも疲れが目立つ。

と、アスタミロフがシングルからダブルへ。ロピスはギロチンに捉えて引き込む。力が入らないロピスは、ここを凌がれるとエルボーを打たれる。起き上がってパンチを落とし、ガードのなかに収まるアスタミロフがパンチを連打する。このままタイムアップとなり、アスタミロフが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie