この星の格闘技を追いかける

【UFN117】スプリットながら、危なげなし。ミドル効かせてK太郎がモロノを下す

<ウェルター級/5分3R>
中村K太郎(日本)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
アレックス・モロノ(米国)

試合開始直後に思い切り踏み込んで右を振るっていったモロノ。冷静にかわしたK太郎は間合いを測って左ストレートを伸ばす。モロノの左フックに右フックを合わせていったK太郎に、モロノが右フック。ブロックしたK太郎は落ち着いて相手の動きを見て、左ミドルを効かせる。呼吸が荒くなったモロノを深追いすることなく、K太郎は隙をついては左ミドルを蹴っていく。

モロノのスピニングバックフィストからの右フックも避けたK太郎は、届くパンチもブロックした初回を取った。

2R、モロノの左をかわしたK太郎が左ミドルを続ける。さらにヒザをボディに入れたK太郎は、左ストレートを打ち込む。ストレスを溜め、攻撃が荒くなるモロノは左ミドルをかわせず、ブロックする。K太郎はここで左ハイ。そして右ショートを当てる。モロノも左ジャブを当てると、左ミドルを被弾した直後に左右のフックを振るっていく。

モロノの右オーバーハンドは空振りに。左ミドルを引き続き入れるK太郎が左ハイを繰り出す。左ボディストレートを入れたK太郎に対し、モロノはボディへ前蹴りを見せる。
太郎は左ミドルを続け、この回も攻勢を続けた。

最終回、左ヒザをボディに当てたK太郎にモロノのパンチは届かない。と、初めて組んでいったK太郎がテイクダウンを奪うと、ギロチンを防いでパス&バックを狙う。左腕を差して立ち上がったモロノに対し、無理してバックを狙わなかったK太郎は左ストレートを2発当てる。テイクダウンのフェイクから左を見せ、フックを被弾してもハイキックで間合いを取り直したK太郎が距離を詰める。右ストレートにテイクダウンを合わせたK太郎は、ここではバックを狙う素振りを見せたが、無理はしない。

左ミドルを入れ、左ストレートをヒットさせたK太郎は、最後までプレッシャーを与えハイキックの応酬からモロノの最後の乱戦狙いにも付き合いつつ守って試合終了を迎えた。完全にスタンド戦をコントロールし、テイクダウンも決めたK太郎が――なぜかスプリットになった試合を勝利した。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie