この星の格闘技を追いかける

【ONE59】フーシーグウツウをギロチンで破ったマ・ハオビンに見る中国MMAの成長

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
マ・ハオビン(中国)
Def.2R4分50秒by ギロチン
フーシーグウツウ(中国)

サウスポー同士、身長が低く肩周りから大胸筋が相当発達しているフーシーグウツウが、マの右ミドルをキャッチして、右フックを連打する。マはオーソから右ハイを返し、サウスポーに戻してシングルへ。フーシーグウツウは切って離れると、オーソに構える。シングルレッグでテイクダウンに成功したマはキムラを防いで足を抜きにかかる。フーシーグウツウが右腕にキムラを仕掛け、マは立ち上がってスラムも直後にマウントを取られる。

左右のパンチを落とすフーシーグウツウは腕十字をねらいつつ鉄槌を落とす。そして左右のパンチに切り替え、マの動きに合わせてバックマウントに移行する。胸を合わせたマが、ガードの中からパンチを落としラウンド終了を迎えた。

2R、サウスポーに構えたマはテイクダウン狙いか。フーシーグウツウもスイッチし、オーソに戻す。左を伸ばしたマは前足をローで蹴られて、間合いを取り直す。右ローを続けるフーシーグウツウは、ダブルを切るもマが首相撲。離れたところで右ミドルを蹴る。右ローを続けるマが、左ミドル。ローに右を当てたフーシーグウツウだが、この回は極端に手数が少なくなっている。

残り1分を切ってフーシーグウツウがシングルを狙う。切りながら鉄槌を連打したマは、起き上がってきたフーシーグウツウに対して左腕を差して、尻餅をつかせる。それでもフーシーグウツウは起きがってダブルレッグを狙うと、マがギロチンでタップを奪った。これでキャリア7勝1敗としたマは「1年振りの試合で10日間しか準備期間がなかったけど、勝つことができたよ。トップ、チャンピオンになりたい。準備はできている」と語った。

アグレッシブかつパワフル、荒さが残るが素早いシングルとスクランブルなど中国MMAの成長を見せつけたマ・ハオビンの一本勝ちだった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie