この星の格闘技を追いかける

【ONE57】バーンズ弟はロシア人が苦手?? カイブラエフに続きイドリソフに敗れる

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
マゴメド・イドリソフ(ロシア)
Def.3-0
エウベウ・バーンズ(ブラジル)

実兄ドゥリーニョをセコンドにつけたバーンズ。左ジャブを伸ばすイドリソフに右ローを入れるが、右を被弾する。バーンズはテイクダウンのフェイクを織り交ぜ、左ジャブ。イドリソフは構わず右を当て、左ローへ。プレッシャーを強めるイドリソフが左ミドル、バーンズの蹴り足をキャッチしてテイクダウンも寝技には移行しない。イドリソフは右クロス、左ストレートを打ち込む。さらに右を当てると、ケージに詰まったバーンズが首相撲からヒザを返すも姿勢を乱す。

間合いを取り直したイドリソフは右フック、そして左ストレートを当て、続いて左フックを打ち込む。強引なテイクダウンを切られたバーンズは左を被弾してまっすぐ下がってしまう。組まれてもケージに押し返すなどイドリソフが優勢のうち初回が終わった。

2R、左ジャブを当てたイドリソフに、バーンズが前蹴りで顔面を狙う。イドリソフは左ミドルを入れ、ワンツー。互いに慎重な展開が続く。それでも圧力を強めるのはイドリソフで、バーンズはつられるようなパンチを見せる。左ミドルに右を返したイドリソフ。バーンズの首相撲からヒザ蹴りは、焦りが感じられる攻撃だ。飛び込んで左フックを当てるなど、この回もイドリソフ優勢が続く。ようやくケージを背負ったイドリソフに、バーンズは逆に右とボディを被弾。組み付いても引き込みを見せてしまう。蹴りに触れらると、背中をつくというモウリッド・カイブラエフ戦を思い起こさせる戦いとなったバーンズだ。

最終回、ダブルを切られ背中をつくバーンズ。立ち上がって首相撲からヒザ蹴りを当てるが、すぐに引き込んでガードからエルボーという手段を取る。ガードの中で動かないイドリソフが立ち上がって試合はスタンドへ。続くダブルレッグも切られて引き込むバーンズだが、当然のようにイドリソフは寝技には付き合わない。

イドリソフが左ハイの空振りに右を当てると、バーンズは飛びヒザから引き込む。スタンドに戻されたバーンズは打つ手がない。コンパクトなパンチを当てていくイドリソフが左を当てて、右に回り込む。さらに左を当て、右を打ち込んだイドリソフ。バーンズはシングルからテイクダウンを狙い、ガードを取ると一気にオモプラッタへ。上体を起こしてバックを制したバーンズが、最後に寝技の展開に持ち込めたものの判定負けに。これでロシア人に連敗を喫することとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie