この星の格闘技を追いかける

【PFL01】新団体オープニングの一戦は、ホニー・マルクスがスメリーニョ・ラマを破る

<ライトヘビー級/5分3R>
ホニー・マルクス(ブラジル)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
スメリーニョ・ラマ(カナダ)

サウスポーのラマに右ロー、右ミドルを蹴るマルクス。ラマも左ミドルを返し、マルクスをケージ前に追い込む。マルクスは右ミドルを入れた直後にテイクダウンに成功も、ラマがブリッジで上を取り返す。ハーフから潜るマルクスが左腕を差して立ち上がり、ケージにラマを押し込む。体は入れ替えて離れたラマは左ミドル、マルクスが右ハイを狙う。ラマは右を当ててワンツー、右ボディ。さらに右ジャブを入れ攻勢に。マルクスの前進も右ジャブで止めて、左ストレートを当てるラマがクリンチ。

離れて足下を気にするラマにマルクスが右ミドルハイ、続いて右ローを蹴り込む。サークリングのマルスクも足を滑らすとラマが間合いを取り直すスポーツマンシップを見せる。再開後に右を当て、左を入れたラマがマルクスの蹴り足を掴んでテイクダウン。足関節を潰して右のパンチを連打したところで初回が終わった。

2R、左ミドルを放ち前に出るラマが、スリッピーだとレフェリーにインターバルを申し入れる。足の裏、キャンバスがタオルで吹かれ試合が再開する。引き続き打撃の距離を支配するラマが左を当て、マルクスはシングルからボディロック&小外掛けでテイクダウン。直後にマウントを奪取する。しっかりと抑えるマルクスは足を戻されても、ブリッジに合わせて再びマウントに。ラマも足を一本戻すところまで挽回できるが、左のパンチを被弾する。

3度目のマウント奪取となったマルクスは、足を戻されてもトップをキープし続ける。ハーフとマウントを繰り返し、ラウンド終了まで1分を切る。ヒップエスケープで隙間を作り立とうとするラマの試みを潰すマルクスが、ラウンドを取り返した。

最終回、左ストレートを当て、前に出たラマを小外刈り、直後に差し上げテイクダウンを決めたマルクスがトップに。簡単にマウントを許すラマは、2Rと違いハーフからフルガードに戻す。蹴り上げから立ち上がったラマのバックを取ったマルクスは、ここも寝技に持ち込むとハーフで抑えて試合をドミネイトする。残り60秒でブレイクが入り、試合はスタンドへ。

ラマは左を連打し、右も振るうが、どうにも足下がおぼつかない。最後は組んで、ケージへの押し込みを狙ったラマは、ケージジェネラルシップを握られたまま大きな挽回とはならなかった。

結果、3‐0でマルクスが判定勝ちを手にした。「とてもスリッピーだから、サブミッションにはいけなかった」と勝者は話した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie