この星の格闘技を追いかける

【ONE55】アスクレン、やはりタニを寄せ付けず。ミスマッチのからくりをばらす

<ONE世界ウェルター級(※83.9キロ)選手権試合/5分5R>
ベン・アスクレン(米国)
Def.1R2分20秒by 肩固め
アギラン・タニ(マレーシア)

タッチグローブのなかった両者。左ジャブを同時に伸ばすと、アスクレンが距離を詰めて組み付くとヒザ蹴りから首を決めて投げる。上四方、サイドに回ってクルスフィックスを狙うアスクレンは、タニが足を一本戻しても構わずサイドを取り返す。クルスフィックスでパチを続けるアスクレンだったが、タニがケージを蹴って立ち上がる。

ケージに詰めてヒザ蹴りを入れたアスクレンは、ダブルレッグでテイクダウンを奪うやハーフから肩固めへ。足を抜くと、全く危なげなくタニからタップを奪ったアスクレンは「友達とじゃなくて敵と戦いたいんだ。だから、若いタニの挑戦を受けるのは良かった。今に良い選手になるだろう。(ヴィタリー)ビグダッシュ(※世界ミドル級王者)が試合を受けなくて、タニが受けた」というと鶏の真似をする。「そういうことだ。次はスウェーデン人だ」と離したアスクレンは颯爽とケージを後にした。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie