この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX24】復帰の兆し、ステーリングがタンキーニョにらしさ見せて判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
アルジャメイン・ステーリング(米国/8位)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
アウグスト・メンデス・タンキーニョ(ブラジル)

ステーリングが右前蹴り、ジャブからオーバーハンドを振っていく。右ミドルを返したタンキーニョ。ステーリングは左ジャブを当てて、スイッチを交えてサークリングも駆使する。タンキーニョの意識が前進に言ったところでステーリングがダブルレッグでテイクダウンを奪うことに成功する。

バタフライガードのタンキーニョがオモプラッタから足を取りに行く。ケージ伝いに移動して足を抜いたステーリングがガードを続けるタンキーニョにローを入れる。ここでブレイクが掛かり、試合がスタンドに戻る。と、タンキーニョの右でバランス崩したステーリング。

タンキーニョのギロチンがすっぽ抜け、ガードを強いられるとすぐに三角からオモプラッタスイープ、足をすくってサイドバックを取る。パンチを振るうタンキーニョだが、スクランブルになるとステーリングがトップを奪い返し、ガードを取る時間が増える。脇腹にパンチを続けたステーリングが、両手でパンチを落としていったところで初回が終わった。

2R、左右の前蹴り、左右のパンチを散らすステーリングが組んでタンキーニョをケージに押し込む。ステーリングは細かいヒザ、スタンプを繰り返す。もろ差しから体を入れ替えたタンキーニョもヒザ蹴りを返し小外掛けからバックへ。胸を合わされると、小外掛けとバック奪取のコンビネーションで優位に立つ。ステーリングは胸を合わせてウィザードも、腕を差し返すことはできない。

残り80秒でタンキーニョは自ら離れると、手が落ちて疲れを伺わせるように。パンチもバランスが崩れるようになったタンキーニョにステーリングが左ミドル、さらに組んで小外掛けでテイクダウンする。遠い距離から鉄槌を打ち抜くステーリングがこの回を取った。

最終回、頭を動かしてフェイントを見せ、ローを蹴りこんだステーリング。左前蹴りに続き、左ストレートをボディに突き刺す。タンキーニョは左右のフックを打ち返し、ステーリングのテイクダウン狙いをスプロールしてがぶろうとする。頭を上げてドライブしたステーリングがタンキーニョをケージに押し込む。

態勢を入れ替えたタンキーニョは、時間が費やしてブレイクを待つことに。離れるとタンキーニョは体を振ってパンチを伸ばしてボディロック。ケージにステーリングを押し込むも、時間だけが過ぎては残り70秒で逆に押し込まれてしまう。強引な大外をシングルレッグで切り返したステーリングは、残り30秒の打撃戦で足を駆使して右フック、動きの止まったタンキーニョに左フックを連打しタイムアップを迎えた。

連敗中のステーリングが、打撃と散らしてテイクダウンに結びつける動きを取り戻し、タンキーニョをジャッジ3者が29-28をつける判定で破った。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie