この星の格闘技を追いかける

お蔵入り厳禁【RFC36】ムン・ジェフンに勝利、中原太陽 「皆の試合の合間をぬって試合ができれば」

Nakahara【写真】お気に入りのマスク姿で。選手個々に各々のスタンスが存在する。中原太陽はある意味、業界の酸いも甘いも経験し、今の心境に至ったのだおる (C)KAOR SUGAWARA

2月11日にROAD FC36でムン・ジェフンに判定勝ちを収めていた中原太陽。

1年半振りのファイトはフライ級転向初戦でもあった彼は、テコンドー使いの人気選手をグラップリングで完封した。

お蔵入り厳禁――ベテランの域に入った中原が勝利と、今後とは。


──ムン・ジェフン戦の勝利、おめでとうございます。今の気持ちを教えてください。

「まあ、勝ってよかったなっていうだけです」

──目の上に少し傷があるようですが……。

「そうですね、怪我はこれくらいです」

──初のフライ級で手応えの方は?

「まあ、初戦だったんで勝ててよかったな、次もフライ級でやっていけるかなっていう感じです。動き的には──バンタム級の時とあまり変わらないっていうか……。向こうもフライ級に落として初めての試合でしたし。あんまり、良く分からないですね」

──試合中は非常に冷静な印象でした

「そうすね。なんかまあ、冷静っていってもいろいろ考えていましたけど、ちょっと、気が抜けたところもありますし。まあ、流れです」

──ムン・ジェフンもいつもより、慎重に戦っているようでした。

「動画とか見てグイグイくるのかなと思っていたんですけど、意外とこなかったっスね。ちょっとカウンターチックになってしまったなっていうのはありましたね。面白くはない試合になりました。でも、間合いの見えないところでやっていたなっていう感じですね」

──なるほど。まずフライ級転向は成功と。

「減量はブログに実験的に書きながらやっていたんですけど、要はチートデーっていう──やり方を取り入れました。週に一回どか食いをして落ちるのかな?って。

色々なんかこう、キャリアを重ねたら飽きてきたっていったら語弊があるんですけど、刺激がいるなっていう風に最近思うんです。だから今までやっていないことを、例えば僕が初めて海外で試合した時もそんな時期でしたし、格闘家というか、1人の人として、刺激を(笑)。

なんか楽しくなればいいなあと思って。みんなで韓国に来てとか。そんな感じです。で結果まあ、勝ったんで、結果が全てだと思うんで。今回は良かったんじゃないかなっていう」

――今後もフライ級で?

「いや、もう、全然相手次第でバンタムでもいいんすけど、フライ級でとりあえず元フライ級チャンピオンのチョ・ナムジン選手にも勝っていますし、今回の相手のムン・ジェフン選手は結構人気者で、まあ実力もあります。彼にも勝ったんで、その先に行けたらいいなって思うんですけどね」

――これからもロードFCで戦い続けていく気持ちですか。

「契約書の条件的にも自分のことを選手として買ってくれてて、熱烈にオファーをずっとくれていたんで。そういう団体は凄くありがたいです。そこが一番、ありがたいというか……。こんな待遇良くしていただいて。まあ、返しますよっていう感じですね」

――では2017年を通じての目標は?

「和術慧舟會GODSの皆の試合もあり、所属選手の試合があればそっちに代表の僕が行かなければならないですし、すぐにコンスタントに僕が試合できるかっていうとイエスとは言えない状況ではあります。なので、まあ、タイミングよく試合が決まればって良いですね。皆の試合の合間をぬって試合ができればいいかなって思っています」

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie