この星の格闘技を追いかける

【RFC38】1億円T国際予選B、殴り屋ナンディンエルデン×ストライカー=ミランダ戦決定。桑原清も出場

Mirannda vs Nandin-Erudene【写真】KO必至と同時にKOファイターでもスタイルの違うミランダとナンディンエルデン、どのような打撃戦が展開されるか(C) MMAPLANET

7日(火・現地時間)にROAD FCより4月15日(土・同)に韓国ソウルのチャンチュン体育館で開催されるROAD FC38でライト級100万ドル・トーナメント国際予選Bグループの一戦として、ブルーノ・ミランダ×ムングオスズ・ナンディンエルデン戦が組まれることが発表された。


2月大会で国際予選A、このほか東南アジア&ロシア予選を終えたライト級トーナメント。20日のDEEP=日本予選を経て、いよいよ最後のピースが埋まる国際予選Bのランナップが決まり始めた。

まず本来は国際予選Aに出場予定だったが、対戦相手が確定できないなどで出場が見送られていた両者の対戦が決まった。モンゴル人ファイターのナンディンエルデンはパク・ウォンシク、キ・ウォンビンを相手に連続初回KO勝ちを収めるなど、キャリア5勝2敗で4KOという高いノックアウト率を誇る。

一方、ミランダは昨年9月に佐々木信治に敗れたものの戦績9勝2敗で5KO&2つの一本勝ちというフィニッシャーだ。まさに打ち合いMMAが復活したロードFC的なコリアンMMAを実践するナンディンエルデンに対し、ミランダがどのような奥の深さを見せるか。または、その乱戦に巻き込まれるかが注目の一戦だ。

なお日本の桑原清がミドル級でキム・デスンと対戦することも発表された今大会は、キム・スーチョル×キム・スーチョルミンウのバンタム級王座決定戦、さらには中国予選ファイナルが行われることも既に明らかとなっている。

■ RFC37対戦カード

<女子フライ級/5分3R>
ライカ(日本)
カン・ジンヒ(韓国)

<女子46.5キロ契約/5分3R>
しなしさとこ(日本)
イ・イェジ(韓国)

<女子アトム級/5分2R>
パク・ジョンウン(韓国)
シャルマ・デバイア(フィリピン)

<女子アトム級/5分2R>
華DATE(日本)
イム・ソヒ(韓国)

<女子ストロー級/5分2R>
藤野恵美(日本)
ナタリア・デニソヴァ(ロシア)

<女子ストロー級/5分2R>
原田志保(日本)
シム・ユリ(韓国)

<女子50キロ契約/5分2R>
ホン・ユンハ(韓国)
ワン・シャンジ(中国)

■Young Guns 32 対戦カード

<バンタム級/5分3R>
根津優太(日本)
ジャン・イクファン(韓国)

<フライ級/5分2R>
朝倉海(日本)
アラテン・ヘイリ(中国)

<ミドル級/5分2R>
ジョン・ヨンジュン(韓国)
キム・ジュウォン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
シン・スンミン(韓国)
ヤン・ジュンカイ(中国)

<フェザー級/5分2R>
朝倉未来(日本)
オ・ドゥソク(韓国)

<フライ級/5分2R>
キム・テギュン(韓国)
ワン・デユ(中国)

<フライ級/5分2R>
コ・ギウォン(韓国)
ユン・ホヨン(韓国)

<ミドル級/5分2R>
チェ・インヨン(韓国)
イム・ドンファン(韓国)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie