この星の格闘技を追いかける

【UFN105】名将フィラス・ザハビの実弟エイマン、ヴィエラとの接戦を制しUFC初陣飾る

<バンタム級/5分3R>
エイマン・ザハビ(カナダ)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ヘジナウド・ヴィエラ(ブラジル)

名将フィラス・ザハビの実弟エイマンのUFCデビュー戦。オーソの構えから左ハイを見せるザハビに対し、ヴィエラはワイルドな左右のフックを振り回すも距離は合っていない。ザハビは左ハイから左右のフック、再び左ハイ、そして左ストレートを連続で当てる。スイッチを織り交ぜ、肩で顎を守る構えからスイッチで左ミドルハイを狙うザハビ。

ヴィエラは低い姿勢で組み付き、テイクダウンを決める。立ち上がったザハビは間合いを取り直し、打ち終わりで構えを変えてパンチを伸ばす。テイクダウン後、良く見えるようになったのかヴィエラのボディショット、右オーバーハンドが決まる。ザハビが左ミドルを入れるも、ヴィエラは右アッパー、再びオーバーハンドを当てて2度目のテイクダウンに成功。後半、持ち返したヴィエラのラウンドとなったか。

2R、ヴィエラの豪快な左フックをダッキングでかわしたザハビだが、蹴りが出なくなっている。右オーバーハンドからショートのフック、最後に左フックをクリーンヒットさせたヴィエラ。組んでケージにザハビを押し込んだヴィエラに対し、ザハビは左腕を差し返して離れる。すぐに組み付いたヴィエラ、テイクダウンを許さないがザハビは受け身の展開が続く。

ザハビはヴィエラの引き込んで潜りからのトップ狙いを防ぎ、打撃戦へ戻す。左と蹴りでヴィエラをケージ際に追い込み、右を当てたザハビ。倒れたヴィエラに対し、ザハビはパウンドからマウントを取る。ヴィエラは足を戻し、足関節を狙うも極まらず。ここで2Rが終わった。

3R、ヴィエラが思い切り良いパンチを振るい、ザハビがかわす展開が続く。ローを入れ、接近戦でフックを振り回すヴィエラにザハビが左ジャブを当て、テイクダウン狙いを切る。ヴィエラも左ボディストレート、右ボディフックを放つ。シングルも切ったザハビが左ミドル、ヴィエラが右ストレートを打ち返す。

残り90秒を切り、ザハビの左ジャブを被弾したヴィエラが左フックをヒット。続いてダブルレッグからリフトアップし、そのままリリースして投げ捨てようとしたヴィエラだが、ザハビは両足で着地してパンチを即打ち込む。さらに前に出て右フック、左ハイを当てたザハビ。ヴィエラが組み付いたところでタイムアップに。

小刻みに甘えを変えて、距離のコントロールを命題に戦ったザハビに対し、パワフルな打撃&テイクダウンで攻めたヴィエラ。結果は3‐0でザハビに凱歌が挙がった。「兄の存在はプレッシャーにはならないよ。ベストファイトが戦えた、ヴィエラに感謝している」とザハビ弟は語った。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Movie